日本の選択 (8) 満州事変 世界の孤児へ

著者 :
  • 角川書店
3.13
  • (0)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041954102

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1995年刊。◆日本側の満州事変分析書は多数。が、同時代の他国の外交官、外国の新聞記事からみた満州事変、日本の連盟脱退までの様相を解説する書は多くない。本書は後者に該当。◆日本の戦線不拡大を説く現場外交官の言に反し、関東軍はチチハル侵攻、錦州爆撃、山海関攻略に突き進む。さらに満州国内でのリットン調査団への監視・検閲、結果としての団の日本への反感が顕に。かかる経過、つまり、他国の外交官の日本への不信感の醸成、約束を守らない国との評価から冷ややかな目線、そして剣だけを用い誠を欠く国と看做される過程が生々しい。
    チチハル占領の報に米国国務長官スティムソンがなした「日本政府は今や統制力をなくし、事実上狂犬の支配下にある」との述懐が、海外の日本に対する印象を、判りやすく一言で述べているのではなかろうか。

  • 新書文庫

  • 満州事変~国際連盟脱退までの動き。
    印象に残ったのが満州調査団リットン卿の言葉
    「日本は、たしかに世界を拒否できるほど強い」

    外交は血の流れない戦争、だっけ。
    そんな言葉を思い出しました。

全4件中 1 - 4件を表示

NHK取材班の作品

ツイートする