日本一短い「家族」への手紙―一筆啓上 (角川文庫)

  • 33人登録
  • 3.45評価
    • (2)
    • (5)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 福井県丸岡町 
  • 角川書店 (1996年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041957028

作品紹介

6万2376通の応募作から選ばれた、240編の手紙短いからこそ、本音でしか綴られることのない家族への想い。

日本一短い「家族」への手紙―一筆啓上 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本一短いシリーズの「家族編」を読了致しました。 家族の大切さと人生の儚さが分かった様な気がします。 心温まる一冊です。 是非、他のシリーズも読んでみたいと思います。 

  • 思わず笑っちゃった作品とか
    泣きそうになった作品とか
    ほんとおもしろかった!

  • 暖かい家族の話が多い。少し物足りない。

  • (メモ:中等部3年のときに読了。)

  • 短いけど想いが詰ってる
    暖かい気持ちになれるので一回は呼んだ方がいいシリーズ

  • 「日本一短い〜」は全部好き。こころが素直になれます。この本は、あたしがちっちゃいとき、母さんが母の日におばあちゃんにあげた本で、小学生くらいになってから、おばあちゃんちで読んだ記憶があります。

全6件中 1 - 6件を表示

日本一短い「家族」への手紙―一筆啓上 (角川文庫)のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

日本一短い「家族」への手紙―一筆啓上 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする