美神解体 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.80
  • (3)
  • (3)
  • (34)
  • (12)
  • (4)
本棚登録 : 135
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041959015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • サイコホラーということで読んで見たわけですが、恐怖的な感じはしませんでした。
    むしろミステリー的ですかね。
    整形し美人となったキズを持つ女性と陰のある人気商業デザイナーの男がメインの登場人物です。
    実質この二人だけで話は進んでいきます。
    他にも登場人物居ますが、ほぼモブですね。
    殺された人とかもいるんですが、謎解きは無いのでミステリーにはならないんでしょうけど。
    男の変態性についてもうちょっと深くあれば、恐怖感は出たのかなぁと思います。
    ちょっと物足りなかったですね。

  • 一目惚れした男がど変態だったというだけの話。

  • 傑作サイコ・ホラー・・・。とあるけれどこれって面白いの?な感じ。

    気色悪ければサイコ・ホラーというのなら、まあそうなんだろうけど、主人公の行動もありえないと思うし、そのお相手の好みもありえないと思う。

    ありえなさそうな事を、ありえるかもしれないと思わせてくれればいいけれど、ありえなさそうなことが、やはりありえそうもないと、思わさせる作品と思う。

  • 篠田節子氏の初期作品、話は奇想天外であるが、この後の作品と比べるとスケールが小さく、短編レベル。特にエンドが、寂しいのかな?

  • 整形美女でピアニストの麗子と人気デザイナーが出会って恋に落ちたと思ったんだけど。
    嫌がる相手にしつこく付きまとう麗子に激しく違和感。
    他の篠田節子は大好きなんだけどなあ。うーん。

  • ホラーと明記してあるほどホラーには感じ無かった作品でした。
    その分登場してくる男性の嗜好にビックリでした。

    異性愛・同性愛はたまた種族を超えた愛。
    自分の中で正常視している事が間違いなのか、
    [異常]と言う概念は何処から来るものなのか。
    私の脳内でよく考える事なのですが、
    また一つの愛の形を知って考える事が増えたように感じました。

  • ホラー文庫として出ているので、ジャンルはホラーになるのだろうが、篠田流の展開が小気味よい。
    整形美容で美しい顔を手に入れたピアニストが、デザイナーと出会い八ヶ岳の別荘でミステリアスな展開に発展・・・と、小道具がそろっていて、まさに小説というもの。

  • 女の美意識より、
    男の美への執念の方が勝るのだろうか。
    スンナリ読めるが、
    サイコホラーというわりに、
    ドキドキ感は持てなかった。

  • 美しさをひたすら求めるとこういう結果に…?
    麗子の美容整形で手に入れた人形のような美しさに惹かれた平田。
    だが彼には恐ろしくも何処か悲しくもある秘密があった。
    篠田節子の描く鮮烈な愛の形。
    激しく上下する感情にこちらまではらはらします。

  • 整形美人の音楽家と,美を追求するデザイナーの話。
    山奥に引き篭もっているということには,やっぱりと思うような理由だった。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年東京都生まれ。1990年「絹の変容」で小説すばる新人賞受賞。’97年『ゴサインタン』で山本周五郎賞受賞、1997年『『女たちのジハード』で直木賞受賞。2009年『仮想儀礼』で柴田錬三郎賞、’15年 『インドクリスタル』で中央公論文芸賞、’19年『鏡の背面』で吉川英治文学賞を受賞。また、2020年には紫綬褒章を受章した。『弥勒』『聖域』『夏の災厄』『長女たち』『となりのセレブたち』『冬の光』など著書多数。広範なテーマを鮮やかに描き出す手腕は評価が高く、ファンも多い。

「2020年 『竜と流木』 で使われていた紹介文から引用しています。」

篠田節子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×