静かな黄昏の国 (角川文庫)

著者 : 篠田節子
  • 角川書店 (2007年3月発売)
3.35
  • (1)
  • (13)
  • (13)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :70
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041959053

静かな黄昏の国 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不思議で、静かで、最後にはゾッとさせられるという話が8つ。

    唯一「小羊」は続きが予感できる話
    M24はその後どうなったのだろう…
    終わりを迎えたのか、それとも新しい未来に生きているのか…

  • 不気味な話が多く、呼んでいると若干(本来の意味で)気分が悪くなる。特にリトル・マーメードと表題作は食事前後は避けるのがよいかも。SFだと思うのだが、イヤミス要素もあると思われる。
    全体として退廃的な雰囲気だが、小羊だけはなんとなく期待の持てるラスト。後は後味よくないが、世界観は美しく、他の作品もよみたくなる。

  • 2014 1/23

  • 篠田節子は、前から未読の本を見つける毎にゲットしている好きな作家のひとりです。

    今回は短編集。
    前から少しホラー系の小説も書いておりましたが、今回も少しホラー系です。
    それぞれ、ぞっとするストーリーです。

    合計8編入っているのですが、みんな面白い!

    『リトルマーメード』じゃ、食べるときの少しエログロな描写や衝撃のラスト。
    『陽炎』じゃ、夢の中に入っていくような演奏シーン。
    『一番抵当』じゃ、オトコの身勝手さとそれを支えていた奥さんの怖さ。
    『エレジー』じゃ、音楽に憑りつかれた男の狂気。
    『棘』じゃ、身勝手なオトコの狂気。
    『小羊』じゃ、何かが狂った社会。
    『ホワイトクリスマス』じゃ、自信家のオトコがだんだんと壊れていく姿。
    『静かな黄昏の国』じゃ、完全に壊れた社会とそこで壊れていく人々。

    どれもこれも一級品の短編でした。
    短編のエッセンスがぎゅっと詰まってて、非常に良かったです。
    お薦めです。

  • 老人施設のお話は本当にありそうで怖くなった。篠田さんの文体って静かで美しくて惚れ惚れします。

  • 一歩踏み外せばホラーになりそうな、黄昏の雰囲気の短編集。

  • 近未来実際に起こりそうな、そんなじわじわとした怖さを感じる短編集。表題作あたりは「世にも奇妙な物語」あたりで映像化したら面白いんじゃないかな。

  • 奇妙な世界に引き込まれて一瞬で徐々にとりこになっていく。

  • 8つの物語が入った短編集。ダメな人やダメになっていく人が、本当にダメになっちゃうようなお話がいくつか。SFの要素が入ったホラーというような風情を多くの物語の中に感じました。自分は、今の環境から妙にリアルに場面が頭に浮かんでしまった表題作「静かな黄昏の国」が一番好きです。

  • 近未来のSFサイコホラーです。
    彼女はほんと色んなジャンルのお話を書きますねぇ〜
    たぶん、彼女の著書は70%くらいは読んでいると思いますが、好きなのは最初に読んだアクアリウムとハルモニアかなぁ・・
    彼女の書くホラーはありえないことじゃないからなおさら怖い・・
    今回も、人間の欲と業が生み出したこわぁ〜〜いお話の小編集です。
    ゲームをやっててそのゲームにいつの間にか取り込まれて洗脳されちゃったり、利便の功罪が生み出す恐怖も怖いけど、私が一番怖かったのはリトル・マーメードかなぁ・・
    クリオネを彷彿とさせる生物をペット化するために大きくしたり、遺伝子操作して雌雄同体なのにメスしか生まれないようにして自然繁殖を妨げて価格割れを防いだり、揚句の果てにペットだったリトルマーメードは・・・・・そして・・・・・きゃぁぁぁああ!


    人間の欲と業にブレーキをかける作品じゃないでしょうかね・・
    願わくば、都内在住のただのおばちゃんではなく、そういう類いのお仕事をしている人が読んで、そんな警告を真摯に受け止めてくれたら、地球の未来はもう少し明るくなるんじゃないでしょうかね・・・
    とか思いました・・

全11件中 1 - 10件を表示

静かな黄昏の国 (角川文庫)のその他の作品

静かな黄昏の国 単行本 静かな黄昏の国 篠田節子

篠田節子の作品

静かな黄昏の国 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする