暗黒祭 (角川ホラー文庫)

著者 :
制作 : 北見 隆 
  • 角川書店
3.21
  • (1)
  • (8)
  • (21)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 106
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (568ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041962060

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ4作全て読み終わりましたが、
    もったいないなあという気持ちです。

    もう少し練られていたらすごいものができてた
    かもしれないのになあという残念な気持ち。

    『蛇神』では、長野の古社と神話を絡めた
    伝奇色の濃い何か得体のしれないミステリアスな要素と
    運命に振り回された母と娘の物語がそれなりに
    うまく混じり合っていました。

    ただ、得体のしれない感じだった神社と宮司一家の正体と
    娘がこれからどうなってしまうのかが
    中途半端な状態で終わっていて不満が残るものだったのですが、
    逆に言うと不満はそこくらいで
    それ以外の部分は割合よくできていたのに、
    『翼のある蛇』、『双頭の蛇』で迷走気味になってしまって
    完結作である本作でその迷走を修正できずに
    終わってしまったように思います。

    割合良い感じの建物を8割くらい作って一呼吸してみたら
    残りの2割を完成させるんじゃなくて
    変な気起こして屋上屋を架す状態な増築に増築を重ねてしまって
    収拾つかなくなってしまった感じ。

    誘拐された女の子の話と、音楽プロデューサーの話、
    両方とも作品の冒頭で展開されていたけど
    どう着地させるか考えてなかったのがバレバレで
    すごく変な感じの伏線回収になってました。

    いきあたりばったりにシリーズ作品作っても
    グダグダになるだけでろくなことにならないという
    悪い見本になってしまったのがすごく惜しまれます。

  • 少年少女の行方不明事件を特集したテレビ番組を見ていた喜屋武蛍子は思わず叫んだ。番組で取り上げられた幼女の面影に見覚えがあったからだ。消息を絶った元恋人の伊達を探しに訪れた信州・日の本村の神社で偶然見かけた巫女姿の女の子にそっくりだった。幼女はあの村で来月行われる、7年に一度の大祭の神事のために攫われたのか?錯綜する謎の糸が解きほどかれるとき、驚愕の真実が浮かび上がる。「蛇神」シリーズ、堂々の完結。

    角川ホラー文庫 (2003.01)

  • 正直な所、4巻も続いてきたのに結果がコレ?といった感じ。
    本作の終わり方なら別に1巻の時点で終わらせても良かったんじゃないかと思ってしまいました。

  • 著者自ら「大風呂敷を広げた」と仰っているように、広げた風呂敷からこぼれたものが拾いきれずに終わっちゃった印象がある。たとえば、誘拐された少女が結局あの子だったのかどうかとか。これは、聖二と郁馬の会話からそうだろうと推測できるけど、なぜ、いつから「一夜日女」に日女の子以外を選んでいいということになったのかがわからない(作中で喜屋武たちが推測している通りなのかもしれんが)。他にも誘拐されて一夜日女にされた子がいたのかどうか、その辺りも明らかにしてほしかった。

    あくまでも自分としては、この村の秘密が暴かれて沼がさらわれて…という結末を望んでいた。この作品はホラーなので、それではお話にならないことはわかっていても。正直、日美香も聖二もこの村もいくらなんでもありえない連中ばかりで、ムカムカしつつ読み終えた感じ。一作目の『蛇神』はそれでもものものしい雰囲気を楽しんで読めたが、こうまでありえないことばかりだと荘厳さもなくなりそこらのカルト宗教と同じように見えてきた。しかしもしかしてそれが狙いなのかと思えてきた辺りで、武が聖二にケンカ売る場面。完璧に自分の気持ちと同調していて、これも著者の術中なのかと理解した。

    1作目では「こんな村があるなら一度見てみたい」という怖いもの見たさだったのが、最後まで読んだら「絶対関わりたくない」に変化したのが自分でも面白い。

  • 図書館で借りた。

    蛇神、翼ある蛇、双頭の蛇、に続くシリーズ最終巻

  • やっと完結。「蛇神」と「翼ある蛇」は単独でも読めたけれど、「双頭の蛇」と「暗黒祭」とは切り離して読むことができないし、シリーズ三作目・四作目としてしか読むことができないのが、少しばかり難点といえるかもしれない。けれど通しで読む分にはまったく問題なし。というか見事な結末。一続きの壮大な物語。

  •  蛇神シリーズの完結。
     前作で、すっかり論文と化してた感のあったシリーズだけど、今回で無事終わったなって…。
    にしても、似たような名前がごろごろしてるので、一体この人はなんだったのか?と悩むことしばし。
    名前に意味があるのはわかるけど、女性の名前は意味をすごく持たせてるのに対して、男性の名前は適当?な感じなので、余計覚えにくいんじゃい。
     エラクごつい本だったけど面白かった。

  • 蛇神シリーズ最終巻。

    面白かった♪
    ラストが伝奇ロマンといった感じでしょうか。やはりこのシリーズは面白い。知る人ぞ知る名作ですな!!


    ******** 再読記録 ********

    2009.06.03

  • 「蛇神」シリーズの最後の一冊です。(初めの2作読んで無い・・)
    少年少女の行方不明事件を特集したテレビ番組を見た喜屋武(きゃん)蛍子は、そこに映った一つの写真に目を止めた。行方が解らなくなった元恋人を探しに訪れた日の本村の神社で、立ち入り禁止の奥で見かけた少女に似ていたのだ。蛍子は、その少女をさがしてる両親に連絡を入れ・・。

    日の本神社では、大祭がまじかに迫っていた。お印(蛇のような肌)が出た新庄武は、三人集の役柄を一人でやる事になった。日女の役は、神社の宮司・神(みわ)聖二の養子の神日美香がやることに。彼女もお印を持った人間だった。大祭が目前だったが、人々の思いが交錯する。そして大祭が始まった・・。武の取った行動は?日美香の思いとは?村人までしか知られていない隠された祭りとは?
    神(みわ)家に伝わる家伝書の内容を紐解き謎が解明される。蛇神信仰を背景に書かれた完結編です。

    でも、俺の中で謎がいっぱい残ってます。書ききれなかったのが真相なんでしょうか?俺としては、面白いので全部揃えてみますそうすれば謎が解明されるかな?さてはて?

全13件中 1 - 10件を表示

暗黒祭 (角川ホラー文庫)のその他の作品

今邑彩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする