はみ出し銀行マンの勤番日記 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.62
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 53
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041963012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 身近でありながらもなんか敷居の高さを感じてしまう銀行。 そんな銀行の内幕を暴露した1冊。 少し前の時代のものだけど最近はどうなんだろう? 案外いまも変わらなかったりして・・・

  • 短編エッセイを通じて銀行マンの生態がわかる本。時代の違いは適宜読み手で補正しながら読むとして、なんとなく彼らの当時の行動原理がわかり、今の行動原理も大して変わらないかなと思うに至る。
    古いし今の評価は高くないが、銀行員と付き合いのある仕事に従事する方は読んで損のない本。
    ここで、描かれていた銀行文化は時代とともに形は変わられど残ってる。
    余談だが、著者と同世代でまだ銀行に残っている方は、さぞ偉かろう。

  • #134

  • 軽快な文章で銀行を批判する文章が面白い。

  • 処分前備忘録。

  • 横田濱夫さんの銀行関連のは
    すべて読みましたが

    本当にこんな事が内部で?
    って今も思ってます

    信じられない

    でも人をぐんぐん惹き付ける
    書き方はすごいです

  • 銀行の裏事情がリアルな程、鮮明に書かれている。この文章センスは最高です!

  • こんなところで働くおれっていったい。

全8件中 1 - 8件を表示

横田濱夫の作品

ツイートする
×