「恋」 (角川文庫)

著者 : 北川悦吏子
  • 角川書店 (2001年4月発売)
3.58
  • (13)
  • (11)
  • (24)
  • (4)
  • (1)
  • 112人登録
  • 12レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041966105

「恋」 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ものすごーく共感できる部分がいっぱい。
    そうでもない部分もあるんだけど。


     「電話なんかして
      あぁ、私 彼女みたいだ と思った。」


    でも、彼女じゃないんだよね。
    それが1番悲しい。

    それでもやっぱり、ちょっと嬉しい。

    彼女じゃなくても、話せるだけで幸せ…かも。
    (2006.03)

  • わたしの気持ちがよくわからなかった。
    あなたを傷付けないように やさしくしているのか
    本当にどうしてもやさしくしたいのか
    よくわからなかった。

  • 自分の恋する気持ちをふわっとさせてくれる。

  • ああ、判る判るとうなずきながら読んでしましました。
    難しく語るより、こうやってシンプルにかかれている詩の方が私は好き。

  • 詩集なのかな。恋した時の気持ちで、「そうそう!」っていうのと「あぁ、そう感じる人もいるんだぁ」っていうのがあった。

  • 切ない詩がいっぱいのってる。
    さすが北川さん、女の子の気持ちをうまく表現してくれてる。
    この恋をあなたの着信で終わらせる・・・(だっけ?)好きな人からもらったものはどんなものでも大切にしたいんだよね、いつまでも。

  • ロングバケーションで有名な北川悦吏子さんの初の詩集。
    恋愛で誰しもが感じる感情をストレートに表現していて、心にすとんって入ってきます。
    切ない系が多いけど、読み終わった後に好きな人の声が無性に聞きたくなっちゃう、素敵な一冊。

  • 片想いの時から別れまでの恋心を見事に描写してある詩集。薄っぺらい本ですけど飽きません。

  • これは傑作!!この人本当感情を文にする表現力が凄いと思う。片思いから付き合って、別れるまでの詩。読んでるだけで恋したくなるよ。それくらいリアルに沁みる。特に失恋した人に勧めたいね。

  • 恋してるときの微妙な気持ちが短い詩にギューッと詰まっています。
    「そうそう、こんな感じ!!」って思っちゃう。
    友達の間でも共感するコが多くってしばらく手元に戻ってきませんでした(笑=3

全12件中 1 - 10件を表示

「恋」 (角川文庫)のその他の作品

「恋」 (角川文庫) Kindle版 「恋」 (角川文庫) 北川悦吏子

北川悦吏子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
北川 悦吏子
有効な右矢印 無効な右矢印

「恋」 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする