オレンジデイズ (角川文庫)

著者 :
制作 : 片岡 忠彦 
  • KADOKAWA
3.80
  • (64)
  • (65)
  • (93)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 565
レビュー : 100
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041966235

作品紹介・あらすじ

大学4年の春、就職活動に明け暮れる結城櫂は、キャンパスでバイオリンを弾く萩尾沙絵に出会う。しかし、彼女は耳が不自由だった。櫂の仲間、翔平と啓太、沙絵の親友・茜の5人は、「オレンジの会」を発足。それぞれ将来について悩み、落ち込み、時にはけんかをし、彼らはかけがえのない季節を共に過ごす。それは友情から愛情に変わる時間でもあった。ロングセラーのノベライズ、待望の文庫化。解説は結城櫂こと妻夫木聡さん。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • さえの、櫂に対する「自分より弱い人を助けることで優越感に浸りたいだけ」っていう言葉が印象に残ってる

  • 好きでまた借りてきた。

  • 友達に借りて読んだ本。文が簡単で内容も軽くて漫画感覚で読めた。
    わ〜青春!って感じ。笑
    将来もっと歳をとって読み返したら、甘酸っぱくて懐かしく感じるのかなぁ
    オレンジの会のみんなに負けないぐらい思いっきり青春を謳歌したいです

  • 会話が多くてスラスラ読めちゃいました。セリフがそのままだったのでドラマが大好きな私にとっては場面が一つ一つ浮かんで楽しかった!自分の気持ちを素直に伝えられるオレンジの会のメンバーの関係性がすごくいいなあと思います。こんな青春してみたいっていう永遠の憧れ!

  • オレンジの会のような大学生活に憧れ、やっぱり小説のお話だ、と現実に失望したのが結構前。
    大学生という宙ぶらりんな状態で、何かを探している点が自分とかぶった。
    相手を思いやることがエゴだと解釈されたり、余計なお世話だったり…感情って複雑で厄介だ。

  • 読んでいる間中、青春!
    大学のときの微妙な男女関係とか感情とか仲間意識。忘れていたものが蘇ってくるような、くすぐったい時間だった。みんなに会いたくなっちゃった!

  • 教育福祉学科1年 mamannさん

    感動的な話で、様々な困難を乗り越えていく姿が美しくかかれている。

    資料ID:C0035247
    配架場所:本館2F文庫書架

  • B913.6-キタ 100118561

  • 台本風の書き方が新鮮。会話が主体で余計な説明が少ない。ドラマの場面がよみがえる。最終回をwebで見て改めて感動・・

  • 大学生に憧れる

全100件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

脚本家・映画監督・エッセイスト。1992年、「素顔のままで」で連続ドラマの脚本デビュー。その後、数々のヒット作を手掛けて、「ラブストーリーの神様」と呼ばれる。2000年には「ビューティフルライフ」で向田邦子賞、橋田賞を受賞した。主なドラマ作品に「あすなろ白書」「愛していると言ってくれ」「ロングバケーション」「オレンジデイズ」「たったひとつの恋」「運命に、似た恋」「半分、青い。」など、映画脚本監督作品に「ハルフウェイ」「新しい靴を買わなくちゃ」など。

「2018年 『秋風羽織の教え 人生は半分、青い。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

オレンジデイズ (角川文庫)のその他の作品

オレンジデイズ 単行本 オレンジデイズ 北川悦吏子

北川悦吏子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印

オレンジデイズ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする