オレンジデイズ (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.79
  • (69)
  • (67)
  • (100)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 670
レビュー : 106
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041966235

作品紹介・あらすじ

大学4年の春、就職活動に明け暮れる結城櫂は、キャンパスでバイオリンを弾く萩尾沙絵に出会う。しかし、彼女は耳が不自由だった。櫂の仲間、翔平と啓太、沙絵の親友・茜の5人は、「オレンジの会」を発足。それぞれ将来について悩み、落ち込み、時にはけんかをし、彼らはかけがえのない季節を共に過ごす。それは友情から愛情に変わる時間でもあった。ロングセラーのノベライズ、待望の文庫化。解説は結城櫂こと妻夫木聡さん。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 近くにいても離れていても好きで、優しくなったりカチンときたりもあるけど、良いところも悪いところも含めて相手のことを大切とか守ってあげたいって思うのが愛なのかなぁと思った。愛しいって、こういうことだろうなぁ。

  • 将来に期待と不安を抱きつつ、学生生活最後の一年を燃焼させる主人公たち。甘酸っぱさとほろ苦さで、思わず顔がほころぶ。もう一度ドラマを見たくなる。

  • 胸がキュンとする小説を読みたいなと書棚の中から手に取った1冊。
    ドラマ化された当時、ちょうど主人公たちと同じくらいの年齢で、毎週胸キュンしながら見ていたのを思い出し、久々にストーリーを思い出したくて読んでみました。

    ストーリーは、結城櫂と耳の不自由な萩尾沙絵、2人の恋愛を中心に大学仲間の恋愛や将来の不安を抱えながら過ごす日々を描いています。
    素直になったり、意地を張ったり、離れたり仲直りしたり、仲間と絆を深くしたり…若々しくて素直な感情がたくさん詰まった作品です。

    胸キュンのつもりで読みましたが、「ドラマでこんなシーンあったな〜」とか、「配役豪華だったのね!」とか、胸キュンよりも懐かしさのほうが上回ってしまいましたが、メインの2人よりも、大学仲間の翔平と茜の恋愛は全く覚えていなかった分、新鮮で、翔平と茜から胸キュンをたくさんもらえました。

    *心に残った言葉*
    「何考えても、何想像してもさ、横にね、あいつがいるの。あいつがね、横にいて笑ったりブーたれたり、怒ったり、つまんない笑えない冗談言ってたりするの」

    誰かを好きになるって、こういう気持ちになることだよね!って思えた一文でした。

  • 小学校のときドラマが大好きで
    初版を買うも、引っ越しの際に紛失…
    「半分、青い」をきっかけに重版されていたので
    読み返しました。

    大学生になる前は
    こんな風な大学生になりたいな~
    なんて思っていました 笑

    大学を卒業して社会人になって読むと
    就活がうまくいかない、もどかしさとか
    自由だからこその脆さや儚さとか
    永遠に続くと思っていた毎日が
    どんなに充実していたかとか
    幼いときとは違う感想をもちました。

    あとは
    オレンジの会みたいな恋愛要素は無かったし
    集まるのはラウンジじゃなくて図書館だけど
    大好きな人たちに出会えたし
    これは、これでよかったのかな?
    なんて自分の大学生活を思い返しました 笑

    でも
    オレンジデイズはTHE青春!って思うのは
    今も変わりませんね~。

  • さえの、櫂に対する「自分より弱い人を助けることで優越感に浸りたいだけ」っていう言葉が印象に残ってる

  • 好きでまた借りてきた。

  • 友達に借りて読んだ本。文が簡単で内容も軽くて漫画感覚で読めた。
    わ〜青春!って感じ。笑
    将来もっと歳をとって読み返したら、甘酸っぱくて懐かしく感じるのかなぁ
    オレンジの会のみんなに負けないぐらい思いっきり青春を謳歌したいです

  • 会話が多くてスラスラ読めちゃいました。セリフがそのままだったのでドラマが大好きな私にとっては場面が一つ一つ浮かんで楽しかった!自分の気持ちを素直に伝えられるオレンジの会のメンバーの関係性がすごくいいなあと思います。こんな青春してみたいっていう永遠の憧れ!

  • オレンジの会のような大学生活に憧れ、やっぱり小説のお話だ、と現実に失望したのが結構前。
    大学生という宙ぶらりんな状態で、何かを探している点が自分とかぶった。
    相手を思いやることがエゴだと解釈されたり、余計なお世話だったり…感情って複雑で厄介だ。

  • 読んでいる間中、青春!
    大学のときの微妙な男女関係とか感情とか仲間意識。忘れていたものが蘇ってくるような、くすぐったい時間だった。みんなに会いたくなっちゃった!

全106件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

脚本家・映画監督・エッセイスト。1992年、「素顔のままで」で連続ドラマの脚本デビュー。その後、数々のヒット作を手掛けて、「ラブストーリーの神様」と呼ばれる。2000年には「ビューティフルライフ」で向田邦子賞、橋田賞を受賞した。主なドラマ作品に「あすなろ白書」「愛していると言ってくれ」「ロングバケーション」「オレンジデイズ」「たったひとつの恋」「運命に、似た恋」「半分、青い。」など、映画脚本監督作品に「ハルフウェイ」「新しい靴を買わなくちゃ」など。

「2018年 『秋風羽織の教え 人生は半分、青い。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北川悦吏子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
中野 独人
石田 衣良
綿矢 りさ
有効な右矢印 無効な右矢印

オレンジデイズ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×