チェリーブラッサム (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.18
  • (37)
  • (62)
  • (361)
  • (38)
  • (4)
本棚登録 : 934
レビュー : 92
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041970072

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 山本さんがまだ少女小説を書いていた頃の末期の作品、らしい。ということで何というか、いつものどんよりを期待していたらイマイチだった。少女の爽やかな成長物語としては悪くないんだろうけど、今更だしねえ。ジュブナイル自体は嫌いじゃないんだけど。。。

  • 父親が仕事を辞めるところからはじまる。この事件をここまでひっぱるのかー とか ちょっと先が読める点もあるが少女が成長していく姿を描いた作品。読後はいい。

  • 再読。1991年の作品。
    コバルト文庫「ラブリーをつかまえろ」を改題・加筆訂正。
    続編の「ココナッツ」が面白かったので、改めて読んだ。

    中学生の女の子が主人公。
    脱サラして便利屋となった父や外面のいい姉とともに、幼なじみの家からいなくなった盲導犬を探すという話。
    主人公が素朴で素直。
    たまにはこんな小説もいいと思う。

  • 久しぶりに本棚よりだしてきて再読しました。
    周りで起きる事件を探っていくちょっとした謎解きストーリー
    元々コバルト文庫でかかれた作品なので、若年者向けの文章で描かれてるので幼稚な感じをうけますが、
    父子家庭で、いきなり父親が脱サラ
    中学生の不安定なココロ
    不安定な家族模様
    などなど侮れない描写もあったり、ほんのり恋も描かれててやっぱり好きな作品だなぁと。
    キャラクターが魅力的でみんなが愛おしくなります

  • 花乃ちゃんの隠れたデレ(デレっていうのかな)にきゅんとした。

  • 少女マンガチックで読みやすく、家族愛やちょっとした推理が入っている物語。
    実乃ちゃんの心情に分かる分かると頷きたくなる。
    中学生や高校生、読書が苦手な方に読んでもらいたい。

    最後に、永春さんが好きだ!

  • レビューを書こうとして、まったく内容が思い出せない・・・。でも私的に評価星3つ、ということはそこそこ面白かったのだと思うんですが・・・。再読するほどではないかなぁ。でも気になります。

  • 少女小説。中2の実乃は姉の花乃と父親に不満がいっぱい。でも落ち着くといつも反省している。身近にいても分かり合うのは難しい。元気が出て自分をちょっと反省してしまう。

  • 中学生ってドキドキ。実乃と花乃のやりとりや、素直じゃないお父さんがかわいい。実乃が妙に大人なとこ、やっぱり子供なとこ、かわいいです。

  • 買ったまま読んでなかった本。山本さん、初めてよみました。想像していた文章と違ったのでびっくりしたら、元は少女小説だったそうな。ゆえに最初は……でしたが、すぐに慣れました。みのちゃんが成長していく姿、永春さんとのからみの部分がやわらかく、好きでした。

全92件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1962年神奈川県生れ。OL生活を経て作家デビュー。99年『恋愛中毒』で吉川英治文学新人賞、2001年『プラナリア』で直木賞を受賞。著書に『ブルーもしくはブルー』『あなたには帰る家がある』『眠れるラプンツェル』『絶対泣かない』『群青の夜の羽毛布』『落花流水』『そして私は一人になった』『ファースト・プライオリティー』『再婚生活』『アカペラ』『なぎさ』『自転しながら公転する』など多数。

「2021年 『ブルーもしくはブルー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本文緒の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉本ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

チェリーブラッサム (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×