きみとあるけば (角川文庫)

  • 角川書店
3.71
  • (7)
  • (8)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041973233

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 心温まるエッセイ

  • 伊集院氏のエッセイと剛君のイラストがナイスマッチング。わんちゃん好きは、必読だと思います。後半の「大切にしたいもの」というテーマでの対談もgoodです。

  • 09.02.19 読了。

  • 素敵なことばがたくさんつまってる。

    「よく見てごらん」
    「はじめて見るかがやき」
    の回が特に好き。

  • 彼の言葉が好きです。飾らず、自分自身が出ているようで。

  • 20070526読。
    先輩に借りて読んだ本。
    何か懐かしくなる本

  • 読んでいて暖かくなれる本。伊集院さんの言葉と、剛くんの絵が素敵です。犬は不思議な力を持っているように思えた。

  • 伊集院静さんは本当に視点が優しい。久しぶりに本読んで泣いた。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1950年山口県防府市生まれ。72年立教大学文学部卒業。81年短編小説『皐月』でデビュー。91年『乳房』で第12回吉川英治文学新人賞、92年『受け月』で第107回直木賞、94年『機関車先生』で第7回柴田錬三郎賞、2002年『ごろごろ』で第36回吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。作詞家として『ギンギラギンにさりげなく』『愚か者』『春の旅人』などを手がけている

「2017年 『さよならの力 大人の流儀7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊集院静の作品

ツイートする