ツキコの月 (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.50
  • (2)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041973271

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • P322

  • 今まで読んできた伊集院さんの作品と比べると
    異色である。物足りない。

    あとがきで知ったが舞台のために書かれたとのこと。
    それで納得。妙に話がするすると進んで行くことに。

    前半までは、人物の描き方もいつも通りで好きだったが
    後半は同じ作品と思えないくらい長いわりに
    薄い作りに感じた。

    舞台向けだからやむを得ないのか。

  • アルゼンチンのブエノスアイレスで始まった物語は
    興味深くおもしらかったのだけれど
    なんだか、色々なことがおこって、突然話が終わり変わり
    最後はいったいなんなんだろうと思ったところで
    ツキコの言葉で「人はどう生きたかじゃない。
    どんな生き方でもいいから生きていることが生きている」
    を読んで、これが言いたかった本なのかぁと思った
    東山紀之さんの解説で、この小説が女優森光子さんの舞台のために
    作られた本だと言う事が分かって納得
    舞台で見たらおもしろいのかもしれない
    ただ、ツキコを森光子さんがやるというのが想像出来ないけど・・・
    伊集院静さんの小説を初めて読んだのは17年前の『海峡』で
    感動してずっと読み続けていたのだけれど
    ある時期から、なんとなく心に響くものがなくなった気がして
    しばらく読んでいなかったのだけど、、、うん

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

伊集院静(いじゅういん しずか)
1950年山口県防府市生まれ。72年立教大学文学部卒業。81年短編小説『皐月』でデビュー。91年『乳房』で第12回吉川英治文学新人賞、92年『受け月』で第107回直木賞、94年『機関車先生』で第7回柴田錬三郎賞、2002年『ごろごろ』で第36回吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。作詞家として『ギンギラギンにさりげなく』『愚か者』『春の旅人』などを手がけている。エッセイも多く、『大人の流儀』シリーズはベストセラーとなっている。
2017年日本経済新聞の連載『琥珀の夢』が刊行され、2018年10月5日、ドラマ化。

ツキコの月 (角川文庫)のその他の作品

ツキコの月 単行本 ツキコの月 伊集院静

伊集院静の作品

ツイートする