どうにかなるか 静と理恵子の血みどろ絵日誌 (角川文庫)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041973295

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 静と理恵子の血みどろ絵日誌第5弾。どんな状況に追い込まれても、どうにかなると思わせてくれる一冊。

  • 『伊集院先生。はっきり言って、負けすぎです』と帯の文章に書かれてあるとおり、その負けっぷりはハンパじゃありません。そんな伊集院静と西原理恵子の凹凸コンビが織り成す第5弾。

    「どうにかなるか…」
    「いいえ、どうにもなりません」

    そんな言葉のやり取りが聞こえてくるような凹凸コンビによるエッセイ集。第5弾です。僕はギャンブルの話は正直、門外漢ですので、横浜時代の『飲む・打つ・買う』三拍子そろった大学時代の伊集院先生の行き方が若干、自分と重なるところがあって、それでこの人の書くエッセイを僕はずっと読んできたのかもしれません。

    読んでいて思わず笑ってしまったところは、麻雀の負けを払うの払わないのというまさに修羅場の場面で当事者の『ペンキ職人』がひとこと
    「歌でも歌いましょうか?」
    という場面で、吹き出してしまいました。伊集院先生はこう述懐しております。
    『それにしても、職人というのは、いまも昔も大胆というか、素人には明らかに違ったものの考え方をする連中である』
    読んでいて
    「こういうところは鋭いなぁ」
    とうなずかざるを得ませんでした。

    他にも、現在収監されている鈴木宗男とそれをかばい続ける松山千春についてや、競輪への愛情の裏返しとも取れる手厳しい批判。ギャンブルまみれの日々の中で獲得されていく珠玉の言葉の数々に到底自分には到底まねのできない、男の美学と哀愁を帯びた矜持が行間に滲んでいます。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

伊集院静(いじゅういん しずか)
1950年山口県防府市生まれ。72年立教大学文学部卒業。81年短編小説『皐月』でデビュー。91年『乳房』で第12回吉川英治文学新人賞、92年『受け月』で第107回直木賞、94年『機関車先生』で第7回柴田錬三郎賞、2002年『ごろごろ』で第36回吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。作詞家として『ギンギラギンにさりげなく』『愚か者』『春の旅人』などを手がけている。エッセイも多く、『大人の流儀』シリーズはベストセラーとなっている。
2017年日本経済新聞の連載『琥珀の夢』が刊行され、2018年10月5日、ドラマ化。

どうにかなるか 静と理恵子の血みどろ絵日誌 (角川文庫)のその他の作品

伊集院静の作品

ツイートする