なんでもありか 静と理恵子の血みどろ絵日誌 (角川文庫)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.33
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041973301

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 静と理恵子の血みどろ絵日誌第6弾。競馬やって競輪やって麻雀やって毎晩浴びるほど酒を飲む・・・、いつこれだけの原稿を書いているのだろうと?と思わせる一冊。

  • 迷コンビによるギャンブルエッセイの第6弾になります。性懲りもなく伊集院先生はギャンブルを張って負け続けるのですが、その中にもある種の風格すら漂っています。

    僕はこのエッセイに書かれてある文章を「週刊大衆」誌上で掲載されている段階ですべて読んでしまっているのですが、こうして単行本に収録されたのを今回改めて読んでみて、性懲りもなく競輪場のバンクを見つめながら多額の金をかけては負け、業界のふがいなさを論じながらもなお競輪を愛し、旅をして、マージャンをし、飲み屋で酒を飲む。そんな無頼は作家の日常が描かれているということに、ある種の郷愁すら感じる自分がいます。

    まじめになろうまじめになろうとする一方でどうしようもなくこういうものに憧れを抱く自分がいる。こういう二律背反は大学時代に彼が文芸春秋時代に書いていたエッセイ「二日酔い主義」をすべて読破したころから自分の中には芽吹いていたような気がします。そして、単行本化された際の付録として、イラストを描いている西原理恵子さんと、騎手の武豊さんとの鼎談がやっぱりこれまた面白くて読みながら僕は大笑いを何度もしてしまいました。

    その中に競輪場で武豊が見た
    「パジャマの上下を着たオジさんで、足元を見ると○○病院って書いてあるんです。腕に点滴の針が刺さったままで「刺せ、刺せ」って叫んでいるんですけど、刺しているのはアンタやろって(笑)」
    という客の話は読んでいて不謹慎極まりない話なんですけれど、僕は大笑いしてしまいました。このほかにもいたるところに「伊集院節」とでも言いたくなるような一文が随所にちりばめられていて、あぁ、この人はやっぱり大作家なんだなと僕に思わせてくれました。

  • 締切をとっくの昔に過ぎた原稿を督促してくる編集者に対して、二日酔いの頭を抱えながら「締切?。何の?」って切り返すくだりを読んで、思わず笑った。とても常人には真似できない。こういうジジイになりたいね(笑)。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

伊集院静(いじゅういん しずか)
1950年山口県防府市生まれ。72年立教大学文学部卒業。81年短編小説『皐月』でデビュー。91年『乳房』で第12回吉川英治文学新人賞、92年『受け月』で第107回直木賞、94年『機関車先生』で第7回柴田錬三郎賞、2002年『ごろごろ』で第36回吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。作詞家として『ギンギラギンにさりげなく』『愚か者』『春の旅人』などを手がけている。エッセイも多く、『大人の流儀』シリーズはベストセラーとなっている。2017年日本経済新聞の連載『琥珀の夢』が刊行され、2018年10月5日、ドラマ化。2019年10月から日本経済新聞にて夏目漱石を主人公にした作品「ミチクサ先生」を連載開始。

伊集院静の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
西原 理恵子
オール讀物編集部
西原 理恵子
伊集院 静
村上 春樹
伊集院 静
伊集院 静
西原 理恵子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×