活字三昧 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.88
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041974018

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1998年5月13日読了。

  • 目黒さんの読書エッセイはいくつか読んだことありますけれども、これもまあ、それらと似たようなものですかね…

    ああ、競馬本に関する記述が少なかったのは良かったです! 競馬とか、ギャンブル全般興味ないので…

    ヽ(・ω・)/ズコー

    ま、非常なまでに本が好きなんだなぁ…ということがよく伝わってくるエッセイでしたかね。今でこそ、本好きとして名が通っている目黒氏ですけれども、読書を始めたのは中学の終わり頃とやや遅め。だけれども、僕ちんもおそらくそれくらいから読書を始めただろうし、別にそれを遅いとか思ってないですけれどもね! 中学校、さらには小学校にも目黒氏同様、メチャメチャ本読んでいる同級生って居たものですけれども、彼らのような生活を、僕もあの頃始めていたら果たして人格形成の上でどのような違いがあったろう…とはちょっぴし思いますかね。おしまい。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 読書スケジュールを立てて、読書を生活の最優先事項にしていることに驚く.
    父親が亡くなってから、蔵書の整理で父親の歴史に思いを馳せているくだりが哀愁を誘う.
    怪しい探検隊の裏話が椎名誠ファンとしては面白かった.

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4041974011
    ── 目黒 考二《活字三昧 19960125 角川文庫》
     

  • まあまあ。名寄の動員のバス内で読了。

全5件中 1 - 5件を表示

活字三昧 (角川文庫)のその他の作品

活字三昧 単行本 活字三昧 目黒考二

目黒考二の作品

ツイートする