本の雑誌風雲録 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.45
  • (1)
  • (7)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041974032

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これぞ本に関する本。
    『ぴあの時代』あたりも併読すると面白いかもしれません。

  • 1998年10月31日読了。

  • 偶然に見かけて本の雑誌がどういうものなのか知りたくなって、読んでみました。私は誌面構成や編集作業、執筆者の人選がどのようになされてきたのかが知りたかったので、そういう意味では期待はずれでした。これは、主に配本と事務所の話です。しかし、目黒さんのあたたかそうな人柄と、本の雑誌のために無償労働をする人がいたという事実がわかってよかったです。

  • 前に古本屋で買った一冊をようやく読み終えた。すんなりと読めて読み応えもあった。

    本の雑誌の創生期を配本部隊から見て書いている。さすが椎名ファミリー(勝手に自分が名づけている)椎名自身が良く使う「やさしい良い時代」のフレーズの頃に採算度外視で雑誌を立ち上げた時の話。

    ある意味、昭和を感じさせる。

  • 本の雑誌社社長の目黒孝二による著書。
    本の雑誌社の歴史が、配本部隊を中心に描かれている。一人一人名前が出てきても何も感じないが、最後はちょっとウルっとしたのは私だけ!?

全5件中 1 - 5件を表示

本の雑誌風雲録 (角川文庫)のその他の作品

本の雑誌風雲録の詳細を見る 単行本 本の雑誌風雲録 目黒考二
本の雑誌風雲録[新装改訂版] 単行本(ソフトカバー) 本の雑誌風雲録[新装改訂版] 目黒考二

目黒考二の作品

ツイートする