不安と欣求「中国浄土」―仏教の思想〈8〉 (角川文庫ソフィア)

  • 角川書店 (1997年6月1日発売)
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041985083

不安と欣求「中国浄土」―仏教の思想〈8〉 (角川文庫ソフィア)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前半途中まで流れが読めず読みにくかった。
    後半は一気に読めた。

    浄土教は中国で発展し、日本の中心的な考えになったことが興味深い。

  • 今まで全くと言っていいほど知らなかった中国における浄土教の誕生
    とその発展の経緯が語られ、実に興味深く読むことが出来たが、
    読後の感想としてはこのまま日本の浄土教に繋がっていくのだろうな
    という感じで、今ひとつ「中国の浄土教」に踏み込めていないような
    気がした。紙幅の都合上仕方がないことなのかも知れない。

    次巻はいよいよ空海。海を渡って日本に戻ってくることになる。
    あと4巻のお付き合い。

  • 竜樹に端を発する大乗浄土思想が慧遠、羅什、曇鸞、道綽、善導と発展する過程が興味深い。一神教的仏教である浄土教は中国に於いても社会不安と法難が契機になって拡大した。易行、他力の思想は大乗の一つの極点でもある。

全3件中 1 - 3件を表示

不安と欣求「中国浄土」―仏教の思想〈8〉 (角川文庫ソフィア)のその他の作品

塚本善隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
マルクスアウレー...
有効な右矢印 無効な右矢印

不安と欣求「中国浄土」―仏教の思想〈8〉 (角川文庫ソフィア)はこんな本です

ツイートする