仏教の思想 11 古仏のまねび<道元> (角川文庫―角川文庫ソフィア)

  • 角川書店
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 53
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041985113

作品紹介・あらすじ

日本の仏教史上、稀にみる偉大な思想体系を残した禅僧、道元。その思想が余すところなく展開された正伝仏法の宝蔵『正法眼蔵』を、仏教思想全体の中で解明。大乗仏教思想の集大成者としての道元像を提示する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 只管打坐。とにかく座禅をしろと言う道元の思想は、私の中で今ひとつ
    確固たる像を結ばなかった。

    出自から来る潔癖なまでの反権力と世俗との決別。
    十五歳にして大乗仏教の根本に疑問の視線を向けうる驚くほど聡明な
    知性。
    そしておそらくは如浄のもとで経験したのであろう座禅による宗教的
    体験。
    道元の中の様々な要素が一つに結びつかないのである。

    これは勝手な想像だが、おそらくは道元自信もそんな様々な要素を
    抱えたまま修行生活を送ったのではないだろうか。ん、勝手すぎる
    か(苦笑)。

    次はいよいよ最終巻の日蓮。読み終えてから仏教の「どこ」に
    向かうか、が問題だな。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1926年、東京都生まれ。東京大学卒。東京大学教授、鶴見大学学長等を歴任。2013年逝去。

「2020年 『OD版 新国訳大蔵経[インド撰述部]【文殊経典部】9-2 維摩経・思益梵天所問経 他(カバー装)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高崎直道の作品

ツイートする
×