何様のつもり (角川文庫)

著者 : ナンシー関
  • 角川書店 (1997年1月発売)
3.47
  • (11)
  • (14)
  • (45)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :159
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041986028

何様のつもり (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 話題は古いのですが、
    切り口は今だ精彩

  • 20代でこの落ち着きというか貫禄

    27歳、という人生の長さを語る箇所を発見し、愕然。
    20代でこの落ち着きというか貫禄まで感じる文章を
    書かれていたとは。

    槇原敬之に対して

    「この人は、人前で歌を歌うような人間ではない。
    だのになぜこのような(レコード大賞や紅白のような)
    王道を進むことを許されているのか。
    顔の美醜を言っているのでない。
    もっと根本的なことである。
    表現的に不適切かもしれないが、人種が違う、
    そこに一緒に並ぶんじゃない、という感じなのだ。

    というような辛辣とも取れる言葉が並びますが、
    テレビに、芸能人に対して、自分の名前を出してここまで
    語るという責任。

    テレビに出るのではなく、あくまでも文筆メインの方
    (NHK婦人百科には、出たとのことですが)
    だからこそ、ここまで語れ、面白いんだろうなと感じました。

    91年の段階でバラエティの笑い屋不用説を唱えていたりで、
    テレビ番組の世界の困った部分はもう20年変わらないのか、
    という事もわかり、この部分は2014年の今のテレビを取り巻く環境
    を見ると、ちょっとさみしくもありました。

  • 世界文化社よりはじめて刊行されたナンシー関の出世作の文庫本。

  • こういう人が再び現れてくることを心底願っております。(12/6/16)

  • 共感する切り口。

  • ちょっと古くて「ん?」と思うものも多いです。
    今生きてたらなあ、とほんとに思う

  • 消しゴム版画家の痛快TVコラム。いい!この辛口。こういう風にテレビを冷静に観て文句いうのも面白そう。一体誰なら許せるor好みはどんな人だろうなとふと思った。

  • 相変わらず、分析が鋭くて感心する。目の付け所のセンスってどうやって養うのだろう?感性か?(2007.11.16)

  • 鋭い批評はストレス発散になります。
    これだけしがらみなく色々なことが書ける人は今はいないでしょう。

  • 素晴らしい。
    そのとおり!!と言いたくなる気持ちと、よく言った!!という気持ち。
    読み終わってスッキリ。

全14件中 1 - 10件を表示

何様のつもり (角川文庫)のその他の作品

何様のつもり 単行本 何様のつもり ナンシー関

ナンシー関の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
ナンシー関
ナンシー関
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

何様のつもり (角川文庫)はこんな本です

ツイートする