何の因果で (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.39
  • (9)
  • (6)
  • (43)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 137
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041986059

作品紹介・あらすじ

全身で石井苗子を演じる石井苗子、髪型にみる元・名物編集長の生理、花田家が紡ぐ物語、テレビの中のプロレスラー、「料理の鉄人」の玉にキズ、二世タレント天国…等々、おなじみのハードテレビウォッチャーのTVネタから、消しゴム版画家としてのゴミの出し方、点滅するデジタル時計に考えさせられた文化的生活、「枕」考等、ナンシー関の日常を垣間見る自分ネタまで、一行ごとに思わず膝を打つコラム集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 時事ネタなので、今読むとわからない。

  • マンションで読む。

  • そういえば、彼女の後継者はいないんでしょうか…

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1962-2002 青森県生まれ。法政大学中退。消しゴム版画家。雑誌のエッセイや対談でも活躍中。著書に『ナンシー関の顔面手帖94夏』『信仰の現場』『小耳にはさもう』ほか多数。

「2014年 『語りあかそう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ナンシー関の作品

ツイートする
×