誘拐 (角川文庫)

  • 角川書店 (1997年10月発売)
3.15
  • (4)
  • (7)
  • (57)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :134
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041997048

誘拐 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトル通り、誘拐テーマの競作。
    有栖川有栖のEMCシリーズの一遍がこの本にしか
    収録されていなくて。。。。「二十世紀的誘拐」。
    短編は、目の付け所が勝負、の見本でしょう。

    面白かったのは、法月綸太郎「トランスミッション」で、
    この中で子どもを亡くして離婚した作家が
    パスタゆでていたりするシーンがあって、
    「なんか村上春樹っぽい。。。」と思ってたら、
    ダンスダンスダンスを口ずさんだりしだして、さらに・・・
    と。TVで「いいとも」を見る、というくだりで
    ハッと。「これはない・・・・」と思った。

    村上春樹を全作読んだわけじゃないけど、多分、作中に「いいとも」を見る登場人物は出ないと思う。

    登場人物が「いいとも」見てるうちはノーベル賞候補は無理だなーと思った次第。

    いえ、この話自体はまずまずだったんですよ、
    イアン・カーティスとか、好きなガジェットもあって。

  • 色々と趣向を凝らした「誘拐」作品集。
    絵画の誘拐、死体の誘拐など誘拐されたものがユニークな作品や、軟禁されている人、間違い電話で巻き込まれた人など、語り手がユニークな作品など、それぞれ趣向を凝らし、とても多彩でした。

    特に眼を見張るような作品は思い当たりませんが、面白かったです。

  •  短編で誘拐ものに興味があったため探してみたら本書があった。
     誘拐って、特に身代金目的の場合、受け渡しがうまくいかずに犯人が簡単に捕まるんだろうなと予想してどうまとめるんだろうと思って読んだ。やはり単純な誘拐物はなく、それぞれひとひねりして誘拐を絡めて事件にしている。

  • 有栖川有栖・五十嵐均・折原一著・香納諒一著・霞流一著・法月綸太郎・山口雅也・吉村達也の8人のミステリー作家が新しい誘拐の形に挑戦する、オリジナル・ミステリーアンソロジー。
    アンソロジーを読むと、やはり好みってあるんだなあと思います。
    そんな中、やはりしっくりくるのは有栖川氏の作品でした。
    でも色々な作家さん、特に未読の作家さんの作品を読めるのはアンソロジーのいいところですね。
    それぞれに個性的な作品で、楽しめました。

  • 好きな人いっぱい

  • 有栖川有栖氏目当てで購入。
    時々「あれ?」という設定があったりするけど、どれも面白く読むことができた。
    それにしてもこれだけの頁数で、上手くテーマに沿った内容を書き上げることができるなんて、作家さんて凄いんだなあとつくづく実感させられました

  • 短編のため、どうしても誘拐物の最大の面白みである犯人との駆け引きに欠けてしまい、動機でインパクトを誘う方向になってしまっていてあまり面白くなかった。
    一番面白かったのは「知らすべからず」かな。

    やっぱり短編ミステリは物足りないな。

  • 誘拐をテーマに、8人の作家さんが書かれてます。『密室』よりは読み応えがある作品が多い気がします☆有栖川先生の作品は、EMCメンバーです☆

全8件中 1 - 8件を表示

誘拐 (角川文庫)のその他の作品

誘拐 (カドカワノベルズ) 新書 誘拐 (カドカワノベルズ) 有栖川有栖

有栖川有栖の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有栖川 有栖
有栖川 有栖
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする