レ・ミゼラブル〈2〉 (角川文庫)

  • 角川書店
3.67
  • (2)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (526ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042007104

作品紹介・あらすじ

深い森に囲まれたモンフェルメーユの村。里子に出されたコゼットは夜遅く、泉に水をくみにいかされる。重たいおけと冬の冷たい風。思わず神に助けを求めたコゼットに、大きな手がさしのべられた。彼の名はジャン・ヴァルジャン-市長の座から再び監獄生活に戻った彼はコゼットを救いだすというファンティーヌとの約束を果たすために脱獄したのだった。彼を追うジャヴェールの目をかいくぐったヴァルジャンはパリに潜入し、捜査の目の届かぬ修道院でコゼットを自分の娘として育てる。美しく成長したコゼット。その姿をパリの公園で、ある青年が目にする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 99.5.22

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1802年フランス生まれの、作家・詩人・戯曲家。小説や詩集を多数発表し、高い評価を得る。政治家としても活動した。1885年没。

「2021年 『新訳 レ・ミゼラブル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヴィクトル・ユゴーの作品

ツイートする
×