レ・ミゼラブル〈3〉 (角川文庫)

  • 角川書店
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042007111

作品紹介・あらすじ

月日は流れ、パリに冬がおとずれた。公園で見かけた少女はその後、姿を見せることはなかった。マリユスはあの美しい姿をもう一度見たくて、パリじゅうを歩き回ったが、彼女は見つからない。鬱々とした日々をおくるマリユス。しかし、彼を密かに愛するエポニーヌの案内でマリユスはついに、愛しの少女コゼットと再会する。その時、すでにパリは革命の予感に包まれていた。民衆の味方だったラマルク将軍の死を契機に、革命軍のリーダー、アンジョルラスは、バリケードを築き、革命を起こそうとしていたのだった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 99.5.22

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1802年フランス生まれの、作家・詩人・戯曲家。小説や詩集を多数発表し、高い評価を得る。政治家としても活動した。1885年没。

「2021年 『新訳 レ・ミゼラブル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヴィクトル・ユゴーの作品

レ・ミゼラブル〈3〉 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×