三銃士 上 (角川文庫)

制作 : 竹村 猛 
  • KADOKAWA (2009年10月23日発売)
3.72
  • (16)
  • (41)
  • (42)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :350
  • レビュー :32
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042020127

作品紹介・あらすじ

17世紀のパリ。都で一旗あげようと、意気揚々と上京してきた青年剣士ダルタニャン。3人の銃士、アトス、ポルトス、アラミスにひょんな行き違いから決闘を申し込まれるが-。固い友情で結ばれた4人の男が、悪玉リシュリユー枢機卿らの企みに挑む。手に汗握る冒険活劇の名作を、躍動感溢れる名訳で贈る。

三銃士 上 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ダルタニャンがクソガキ

  • 17世紀のパリ。ルイ13世の時世、国王直属の部隊、マスケティアーズ(銃士隊)。中でもマスケット銃と剣の精鋭アトス、アラミス、ポルトスの三銃士は別格。そこへ、ガスコーニュ地方出身(郷士)の青年ダルタニャンが一旗あげるために華のパリに出てきます。三銃士に出会うや、次々に騎士の決闘を申し込まれるダルタニャンの痛快な冒険が始まります。

    デュマの登場人物の性格描写や伏線の張り方は巧妙で、長編にもかかわらず、流れるような軽やかさで冒険活劇を楽しめます。でもデュマは会話の描写がちょっぴり苦手なのかな~? あまりにも事細かに書いていて、会話の処理が少しもたついているように感じますが、そこはご愛敬ということで♫

  • NHKで「マスケティアーズ」の予告を見て、これを機に読み始めた。
    ダルタニャン、まっすぐな性格で喧嘩っ早く腕っぷしも強いって、きみは少年漫画の主人公かな?(おまけに頭も切れる)
    三銃士やそれを取り巻く面々もそれぞれキャラが立っている。これはドラマ化しやすいだろうな。
    読者それぞれ、誰かしらお気に入りのキャラクターが見つかるのではないかと思う。
    個人的には寡黙なリーダー、アトスが好き。
    トレヴィル銃士隊長とリシュリュー枢機卿との水面下バチバチバトルも面白い。
    中下巻も早く読みたい!

  • 読み始めてすぐ、ドンキホーテにも例えられる主人公、若いダルタニャンの熱しやすい性格に魅了されました。敏捷に動いて有名な腕利きの大男を伸していくのも痛快。しかもそれが精一杯だからもうかわいい。田舎から出てきたばかりで父からの紹介状もなくし、たった独りで、都会のあらゆることにすぐびびるし、それ故疑ってナイフみたいに尖ってみたりして、熱くなっちゃったことをすぐ内省するし、でもまたすぐ啖呵きっちゃうし。でもそれは頭の回転が速い証拠でもある。ああダルタニャンかわいいダルタニャン‥‥
    それを発見していく三銃士もキャラもそれぞれ立っていてと~っってもかっこいいです!アトスは精悍・女嫌い・ストイック・無口で、忠実な老僕が意に反対のことをすれば「肩をすくめ、別に怒りもしないで、ただ」「なぐる」(←point)立派な貴族ですし、ポルトス兄貴のざっくばらんな話し好きのおちゃめな好漢ぷりったらもう惚れるしかないです。アラミスの見目は美貌の無害ふつくしい優男なくせに言動はさらりと棘があり女たらしってギャップもたまらない。みんなかっこよすぎか
    30↑のアトスが二十歳以下のダルタニャンをただ買ってやってる信頼とかも好き。《今つかまってはならんのは、お前の主人なので、このおれではない。あいつはすべてを知っているが、おれはなんにも知らんのだからな。あいつをつかまえたのだ、と思わせておこう。そうすれば、あいつには時間がかせげる。》「うまいぞ、アトス」

    軽妙洒脱なやりとり、ユーモアたっぷりの簡潔な文章、主人公から脇まで余すことなく立ちすぎているキャラ達、名訳。もー面白すぎます。読み終わりたくないけどぐいぐい読んじゃうな。ダルタニャンの機転にわくわくします。

  • (^^)

  • 世界中で何度も映画化や舞台化をされている、とても有名な作品です。でも、『三銃士』は長い物語の1~2巻部分であり、実は続編があることはあまり知られていません。主人公ダルタニアンが銃士隊に入るために向かったパリで、「三銃士」と呼ばれる銃士隊最強の三人組に出会い、共に困難に立ち向かっていくお話です。個性的で魅力あふれるキャラクター達がいきいきと動き、少年マンガのように笑いあり涙あり、とても楽しい気分になれます。本を開いたら最後、続きが気になって一気に読んでしまうような、ドキドキワクワクする波乱万丈の冒険活劇です。

  • ダルタニャンと三銃士っていうことなのか。しかしまあ皆さん喧嘩っ早いこと。はじめは単なる荒っぽい人達の集まりかと思った。
    権謀術数張り巡らせての権力闘争愛憎劇。人の感情が面白い。そこまでするかっていう驚きがいつも楽しい。

  • ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために!

    三銃士、全然マトモな人じゃなかった(笑)勝手に完全無欠の三人のイケメンみたいなイメージがあったんですけど、そうでもなかった。がっかりではない。むしろ面白い。ダルタニャンは賢いのかアホなのか。ワクワクして読めました。

  • 人間の執念を描かせたらすごいなあ。

  • すごく面白かったですね。
    いい話だと思いました。

全32件中 1 - 10件を表示

三銃士 上 (角川文庫)のその他の作品

三銃士〈上〉 (偕成社文庫) 単行本 三銃士〈上〉 (偕成社文庫) アレクサンドル・デュマ
三銃士 上 (角川文庫) Kindle版 三銃士 上 (角川文庫) アレクサンドル・デュマ
三銃士 (上巻) (角川文庫) 文庫 三銃士 (上巻) (角川文庫) アレクサンドル・デュマ

アレクサンドル・デュマの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
アレクサンドル・...
あさの あつこ
ジェイムズ・P・...
アレクサンドル・...
有効な右矢印 無効な右矢印

三銃士 上 (角川文庫)に関連するまとめ

三銃士 上 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする