八十日間世界一周 (角川文庫)

  • 角川書店
3.93
  • (4)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042022022

作品紹介・あらすじ

1872年、ロンドンに住むフォッグ氏は、80日間で世界を一周できると宣言し、2万ポンドを賭けて実行することになった。
従者1人を連れ、フォッグ氏を銀行強盗と疑う刑事に追われながら、冒険の旅が始まる。
フォッグ氏は、金を惜しみなく使い、汽車や客船、ゾウ、そりまで、あらゆる乗り物を駆使して、スエズからインド、中国から日本へ、太平洋を越えてアメリカへと進んでいく。
だが、予想もしない困難が次々と襲いかかる。
大人の冒険とはこういうものだと、100年以上世界を魅了しつづける傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  この小説は、フランスの作家「ジュール・ヴェルヌ」氏の作品です。
     物語の始まりはイギリスにある紳士のみ入る事が出来るクラブのある人物「フィリアス・フォッグ」(主人公)が仲間と掛けをして世界一周をするという物である。その期間が「八十日間」と言う期間である。この旅の中で当初は波乱もなく行けましたが、中盤以降波乱な旅となって、ロンドンに戻ってくるがその時の日数が一日余ったのである。これは、現在は日付変更線があるので解るが、当時は何もわからないのでこう言う事が起きたと言えます。

  • 2013/12/16
    自宅

  • 140年前にこんな小説を書くなんて。
    ちょっとおかしくないか、なんていう世界各地の描写も、想像力のなせる技だから、シビれます。
    いまなら数日で世界一周できるけれど、景色を見る余裕はなさそうだ。すべてが予定通りで、小説にはならないな。

  • 旅したい。

  • ウ-1-2 江口清訳

  • 081226(n 090121)

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1828年、フランス北西部の都市ナントに生まれる。二十歳でパリ上京後、代訴人だった父の跡を継ぐことを拒否し、オペレッタの台本やシャンソンを執筆する。1862年、出版者ピエール=ジュール・エッツェルと出会い、その示唆を得て書いた『気球に乗って五週間』で小説家デビューを果たす。以後、地理学をベースにした冒険小説を次々に発表。作者が1905年に没するまでに六十篇を超えたそれらの小説は、いずれもエッツェル社から刊行され、1866年以降、その挿絵版が〈驚異の旅〉という総タイトルの下にシリーズ化された。代表作は、『地球の中心への旅』『海底二万里』『八十日間世界一周』『神秘の島』『ミシェル・ストロゴフ』等。多くの科学者や探検家が子供の頃に読んで強い影響を受けただけではなく、コナン・ドイル以降のジャンル小説の書き手はもちろん、レーモン・ルーセル、ミシェル・ビュトール、ジュリアン・グラック、ジョルジュ・ペレック、ル・クレジオ等々、ヴェルヌとの文学的血縁関係を自認する作家は少なくない。

「2021年 『ハテラス船長の航海と冒険』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジュール・ヴェルヌの作品

ツイートする
×