八十日間世界一周 (角川文庫)

  • KADOKAWA
3.69
  • (9)
  • (17)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 124
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042022091

作品紹介・あらすじ

一八七二年のロンドン。革新クラブの会員で謎の金持ちフォッグ氏は、仲間と二万ポンドもの賭けをし、八十日間で世界を一周することになる。一秒でも遅れたら全財産が失われてしまう!インドから中国、日本から海を越えてアメリカへ-。手に汗握る、奇想天外、前代未聞の旅がはじまる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この作品は、以前に本も読んだし、映画(ビデオ)もみたけど、とにかく楽しいお話です。
    ヴェルヌの作品で一番楽しいのはこれでしょう。

    八十日間で世界一周するのは、当時の乗り物ではすごい記録。 
    科学を先取りしたベルヌの夢は、多くに人に影響を与えてきました。
    すごいのは、1873に出版された八十日世界一周を最初に実現したのがアメリカの若い女性で(1889年)、
    その後、兼高かほるや曽野綾子も空から記録樹立しています。
    夢に向かってGo!

    ところで、本も面白いけど、映画(ビデオ)も面白かった。
    でも、映画の冒頭の気球のシーンは、原作にはないんですね。
     ⇒  気球に乗って五週間 を取り込んだのでしょう。

    どっちにしても、私ならもっとゆっくり旅行したいです〜。

  • 読み始めはスローペースでしたが、続きが気になって一気に読んでしまいました^^
    翻訳もので‘古典’だから注釈は付き物。注釈を追いながらの読書がまどろっこしかったです。
    困難にぶち当たっても主人公の冷静な対応、あきらめない精神は素晴らしいと思いました。やっぱり読み継がれるものはいい作品ですね。ドキドキ、ハラハラさせられました。

  • 図書館で。結構古典を読んでいないなあ。

    イギリス紳士と言うものは特にこれと言う仕事が無く、クラブに通い毎日同じような面子と世界情勢を語り合い、ゲームをしていたんでしょうかねえ?正直…それで楽しかったんだろうかと疑問に思ってしまう自分は貧乏性だなあと思います。

    それにしても飛行機の無い時代に80日間で世界を一周する。ロマンですね。その行動に意味があるわけでも無いのですがわくわくします。そしてあの当時でも色々情報は入っていたんだなあと驚くばかりです。非常に面白かったです。確かに世界は小さくなって来ているような気はするものです。

  • 楽しかったなぁ。ちょうど並行して読んでいた「野いばら」と時代背景が同じで、途中で変な感覚になった。娯楽小説だけど、軽過ぎなくて、そして、心が暖かくなる本。他のも読んでみようかな。

  • 英国紳士とフランス人従者の世界一周の旅。途中で立ち寄る日本の描写は荒唐無稽な部分もあるが、19世紀当時のイメージはこうだったんだと楽しんでみ読めばよい。もしラストの展開を知らずに読めば、そのどんでん返しに驚かされるはず。

  •  日本は文明開化の音がしはじめたばかりで、まだまだ海外に飛び出るなんて国の威信をかけた国家事業でしかできなかったころ、イギリスでは一貴族が世界一周を友人との賭けで企てるのだから、どれだけ国力の差があったんだろう。
     
     主人公のフォッグ卿はどんな困難も金にものを言わせ(まあ、それだけではないけど)解決していく。インドの土人や日本の芸者、アメリカのインディアンの描写など、当時のイギリスの世界観が見えて面白い。
     
     とにかく今では思いもつかないような困難が旅の前途に立ちふさがる。しかし小説ならではの単純さと都合により、どんどん、ばしばしと乗り越える。下手なヒューマニティなど微塵もなく、挫折しないところが痛快だ。娯楽小説はこうでなくてはいけない。
     
     知恵や勇気も大事だけれど、最後に物申せるのはやっぱり金だという、とてもさばけた冒険譚。
     これ児童文学なのにいいのか?とも思うが、逆にリアルでいいのかもしれない。

  • 最高にゆかいな物語。もっともっと子どもたちに読んでもらいたいジュール・ヴェルヌの世界。時間と人とが追いかけっこ!ハラハラどきどき,船が出港しちゃうよ!早く行かなきゃ!と読みながら主人公たちと世界一周ができる本。

  • 横浜がちょこっと出てきたよ。

  • 波乱万丈、支離滅裂なんだけど、粉骨砕身あきらめない姿はとてもかっこいい。
    主人公のみならず登場人物も魅力的で、飽きさせない展開に頁をめくる手は止まらず、とても1872年に発表されたと思えない迫力で圧倒された。

  • ずっと読みたかってやっと読みました。ヴェルヌの作品は『十五少年漂流記』、『海底2万里』に続いて3つ目。

    科学の進歩は人類に夢とロマンを与えてくれる。その昔、80日で世界一周なんて絵空事。でも、19世紀に入ってそれが可能になって、21世紀の今ではきっと80時間世界一周だってできるだろう。飛行機、船、鉄道、インターネット。世界はどんどん狭くなる。そう、狭くなる。

    現在不可能なことも、いつかはきっと科学が可能にしてくれる。これは素敵な夢。

    お金ではない、物ではない、褒美ではない。忘れないで追い求め続けるのは、そんな夢でありたい。

    あっと意外な結末と、初歩的な筆者の誤筆と、主人公より目立つパスパルトゥー。その全てが愛らしい。

    ところどころ原文で読みたい箇所あり。特に最後の1文。いつか、チャンスがあれば。

    科学に託した未来の夢。そんな心が、「八十日間世界一周」。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1828年,フランス北西部の都市ナントに生まれる.二十歳でパリ上京後,代訴人だった父の跡を継ぐことを拒否し,オペレッタの台本やシャンソンを執筆する.1862年,出版者ピエール=ジュール・エッツェルと出会い,その示唆を得て書いた『気球に乗って五週間』で小説家デビューを果たす.以後,地理学をベースにした冒険小説を次々に発表.作者が1905年に没するまでに六十篇を超えたそれらの小説は,いずれもエッツェル社から刊行され,1866年以降,その挿絵版が〈驚異の旅〉という総タイトルの下にシリーズ化された.代表作は,『地球の中心への旅』『海底二万里』『八十日間世界一周』『神秘の島』『ミシェル・ストロゴフ』等.多くの科学者や探検家が子供の頃に読んで強い影響を受けただけではなく,コナン・ドイル以降のジャンル小説の書き手はもちろん,レーモン・ルーセル,ミシェル・ビュトール,ジュリアン・グラック,ジョルジュ・ペレック,ル・クレジオ等々,ヴェルヌとの文学的血縁関係を自認する作家は少なくない.

「2018年 『カルパチアの城 ヴィルヘルム・シュトーリッツの秘密』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジュール・ヴェルヌの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ジュール・ヴェル...
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×