秋の日本 (角川文庫)

  • 角川書店
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042031017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2011/8/31購入

  • 今まで読んできた海外の方から日本という書物の中では一番レベルが低いような感じがした。
    なんというか、凄く上から目線で。笑。黄色くて平べったい顔で悪かったな!って。笑。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ピエール・ロチ

本名ジュリアン・ヴィヨー(Julien Viaud)。フランス大西洋岸の港町ロシュフォールで生まれ、幼少の頃から海と瞑想を愛した。海軍士官として世界各地を周遊して、その風物を繊細な筆致で描出し、また異国女性との交渉を自叙伝風に、告白的に語った。『アジヤデ』『ロチの結婚』『氷島の漁夫』『お菊さん』などの小説のほか、『モロッコにて』『北京最後の日』『アンコール詣で』など、多くの旅の印象記を書いたが、それらは情熱的な官能の奥底に、〈滅びゆくもの〉への独特の哀感をただよわせて、自然主義文学の退潮する世紀末の文壇に異国情緒の鮮烈な新風を送った。

「2020年 『日本秋景 ピエール・ロチの日本印象記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ピエール・ロチの作品

ツイートする
×