苦悩の英雄ベートーヴェンの生涯 (角川文庫)

  • 角川書店
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042035114

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ロマン・ロランの伝記三部作のうちの一つ。

    ベートーヴェンの偉大さは音楽だけにあらずというのを改めて認識した。
    不幸が束になって、次から次へと降りかかってくる。それでもベートーヴェンは屈しない。人生から「何くそ、何くそ」という音楽が聞こえてくる。リングに沈んでは立ち上がるファイターのように、見る者の胸を打たずにはおかない。不幸で、貧乏で、障害があって孤独な彼を、励ましたいとか、寄り添いたいとか、救いたいとか、そんな気持ちは沸かない。見る者はただ畏敬の念に打たれ、「何くそ」という灯火をうつされる。それが偉大な生き方の証なのだと思う。
    ロマン・ロランはそれを読者に見せたかったのだと思う。偉大な人生も、見出し、書き残す人がいなければなかったことになる。
    今を生きる偉大な誰かの人生もどうか見出されますように。

  • 作者のロマン・ロランが自分のベートーヴェンに対する熱い思いから書き切ったと記す伝記。父や甥との関係、聴力の悪化、作品を発表しても楽にならない暮らし、大恋愛と失恋、道徳感…「狭き門」を読みながらも思ったが、昔の人の潔癖さと生きにくさ、みたいなのは時代のせいなのか。手紙でしか繋がれなかった時代ならではのフラストレーションも相まって、切なくなってくる。もしも彼に支えてくれる家族があったなら、もっと穏やかな人生が送れたのか、でもこの人生だからこそ数々の作品が生まれたのか。今また別の意味で生きにくい世の中、命を絶つ人も少なくない中で、何が正解なんだろうかと考えてもどかしい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

Romain Rolland(1866-1944)1866年フランス中部のニエーヴル県クラムシーに生まれる。1880年パリに転居。エコール・ノルマル・シュペリウール(高等師範学校)卒業と同時に歴史の教授資格試験に合格。教鞭をとる傍ら戯曲や音楽評論を発表し、1913年に小説『ジャン・クリストフ』がアカデミー・フランセーズ文学大賞を受賞。1914年8月、スイス滞在中に第一次世界大戦が勃発、この地で戦闘中止を訴えた。1916年ノーベル文学賞受賞。戦後は反ファシズム活動に参加、第二次世界大戦中はナチスに抗しながら執筆を続けた。1944年没。代表作は他に『ベートーヴェンの生涯』、『戦いを超えて』、『先駆者たち』、『クレランボー』、『魅せられた魂』、『革命によって平和を』など。

「2015年 『ピエールとリュース』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロマン・ロランの作品

ツイートする
×