山師トマ (角川文庫クラシックス)

制作 : 河盛 好蔵 
  • 角川書店
3.18
  • (3)
  • (8)
  • (30)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 112
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042047032

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 丸善は現在、映画「人間失格」のポスターが
    いっぱい貼ってあります。
    この、太宰役の子、かわい過ぎ・・・

    閑話休題、こっちのトマもなかなか魅力的。
    でもそれ以上にコクトーの文章が素敵。
    翻訳もいいんでしょうが(河野好蔵氏です)。

    解説氏がどこかからの引用で
    贅肉がなさ過ぎで、骨が透けて見えそうな文体だ、
    みたいなことを挙げていました。然り然り。

    やたら見得の多いお芝居みたいな感じで
    読み進めません ^^

    泥地の歩きにくさを
    「乳母のように大きい接吻で捕らえようとする」
    なんて言ってました。

    実家にあるのは
    「リバイバルコレクション」とかで金ぴかピンの
    悪趣味極まりない表紙でしたが、図書館のは違いました。
    復活文庫、みたいなの。

  • 再読。自分が持っているのは角川文庫のリバイバルコレクション、金ピカのカバーのやつなんだけど、表示されないから通常のクラシックスバージョンで。コクトー自身の従軍の経験から書かれた1冊。

    タイトルは山師=詐欺師だけど、ギョーム・トマは意図的に誰かを騙して利益を図るために嘘をつくわけではないので、どちらかというと彼もまた一種のアンファンテリブル。無邪気な子供が「~~ごっこ」を楽しむのと同じ感覚なので、虚言癖ですらない。そして大人になりきれないまま彼の人生は唐突に幕を下ろす。怖るべき子供たちと描かれていたことは同じなのかも。

  • トマ、彼は一体誰なのか?真似をし、それを演じる詐欺師であるが、そこに悪意はなく、あくまで無邪気に詐欺を働いている。だからこそ皆はトマを信用する。
    トマの臨終の場面は切なさが立ち込める。最後まで詐欺を働こうとし、死を演じるようとする。死に対するトマの無邪気さはコクトー独特の観点に基づいている。悪意のない悪は悪なのか善なのか、それともどちらでもないのか。
    またコクトーは小説の主人公にあるゆる面で無知を与えている。その無知が何をもたらすのか、無知ではなくなったときどうなるのか、コクトーはそんなことを描くことが多い。

  • いかにもコクトーらしい、芝居がかった物語。
    出てくるキャラクターは芝居の一登場人物として、役割を演じるためだけに付けられたパーソナリティであり、人物としての深みを感じさせるものではない。コクトーは物語という形式ではあるが詩情にその重点を置いている。
    芝居には詳しくないので上手くは言えないが、芝居を見に来た観客を煽るような文体だった。読みにくい、かもしれない。一語一語に力と意味があり、さらさらと読み進めるには随分と濃い文章だったと思う。
    「恐るべき子供たち」にもあったコクトー独特の死に対する無邪気な興味みたいなのが本作品でも強調されていて、主人公のトマはどうしても死を悲壮なリアリティーあるものとしてとらえられない。そこでトマは無邪気に死と戯れ、死を知らぬまま死ぬことになる。戦場はそのような人間の死に対する感情を鈍化させるような舞台として一役買っていたのではないか。

  • 無邪気な詐欺師トマは嘘つきの羊飼いに似ている。

  • 100625(n 100705)

  • 惰性で読んだ作品。文体のせいか、文章が頭に入りにくかった。
    戦争小説らしいんだけど。

  • 「恐るべき子供たち」を読んだ直後の所為か、インパクトが薄い。

  • コクトーは魅力的なキャラ作りが非常に上手い。

  • 借りた所:川崎市図書館
    借りた日:2006/07/06-2006/07/20
    読んだ日:

    未読のまま返却

全11件中 1 - 10件を表示

ジャン・コクトーの作品

山師トマ (角川文庫クラシックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする