ある流刑地の話 (角川文庫)

  • KADOKAWA
3.20
  • (2)
  • (12)
  • (32)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 176
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042083030

作品紹介・あらすじ

流刑地の島を訪れた旅人は、奇怪な死刑執行台を見せられる。
無数の歯車と針のついたこの装置で、まもなく一人の男が処刑されるという。
旅人は気が進まないまま立ち合うことになり、この完璧な機械の説明を将校から受ける。
緊張が高まるなか、恐ろしい刑の執行が始まるが――。(『ある流刑地の話』)
ほかに「二つの対話」「観察」「判決」「村の医者」「断食芸人」「ある犬の探求」の7編を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 高校時代、現代文の教科書に載っていた「掟」。
    改めて読み直すと、ひたすら放置されていた旅人が、掟の門の中に入れないこと、番人との不毛な、やりとり、これらが「社会性って何?」と、各人に問われているように読めてしまう。
    私は進んで掟の中に入るタイプではない。

  • カフカの短編集がひっそりと復刊されていた。こういうことがあるから、本屋通いは辞められない……。
    フランツ・カフカという作家は、1作家1ジャンルの草分けのような存在なのだな、と、特に短編を読んだ時に感じる。こういう不条理さ、当時は斬新だったのだろうか。

  • 内側へと向かう迷宮


     続けて何冊かカフカを読んだ。
     カフカとは、チェコ語でカラスという意味であることを覚えた。
     著者の顔写真を何度も目にした。カフカは尖った耳をしていた。
     恐ろしい顔立ちというわけでもないけど、不安を感じる。小説の印象を重ね合わせて見てしまうからだろうか?

     カフカの本って、不安のような不幸のようなうす暗い感じがあって、手にしたままふと立ちすくんでしまうのです。でもよく読むのです。

     それでも『ある流刑地の話』は短篇集なので、無限とも見える迷路のなかにも、区切りのよいところで非常口が見つかります。からくも脱出★ 「あれは一体なんだったんだろう」と、さきほど見てきた奇怪な光景を振り返ることに。

     それは、砂漠の中に横たわる壊れた死刑執行台だったり、テーブルの下に墓石を置く洞窟めいた喫茶店だったりする。せっかく逃げてきたのに、またその場面のことを考えてしまいます。
     不安はあちこちに転がっていて、逃れたと思っていても絶えず引き戻されるのです。

     このカフカって人は、一体どこにある世界のことを描いているのでしょうか?

     その答えの一つが
     ――"内側"。

     カフカの小説を読んだ私は、自分の内側に向かって歩き出してしまい、そのせいでどこにもたどりつけないのだと思います。自分の中に自分が迷い込むアホなのです。
     自分の内側へ、奥へと向かう迷宮。そうかと思えば、物語のほうからこっちに向かって接近してくるように感じられる時もある。自分の内臓でも覗いているようなものかな。それで時々不安に。

     しかし、この小説は設定ほど非日常的なことを書いているわけじゃなさそう。日常というものが大概、ちょっとずつ不安で不幸にできていますからね★

     日常生活のなかで育まれた、"内側"にあるものとは、つきあいたくなくても必ず長いつきあいになる。少し、困ったな。

     感想になっているでしょうか?

  • 再読。

  • 村上春樹の『海辺のカフカ』の中で大島さんがカフカで1番好きと言ってた変わった処刑道具の登場する話。どんな話なのか気になって気になって、でもどうやら絶版ぽいし…偶然見つけた古書店で購入。カフカの意味わかんない感じ結構やみつきになる。2011/065

  • その周辺を丹念に、時に執拗に描き、本質を浮き彫りにする。そして本質は、絶対に言葉にしない。

  • 流刑地にて。

    理不尽な罪で人を裁いていく将校。道徳や倫理観はさておき、自らの使命?のようなものから、その任務を遂行していく。ある時にはそれが間違っていることと知りながら。

    人が生きるとはどういうことなのか。

    その他、解釈不能な内容、生き物が続々登場してくる。これはなんなのか、何から考えていけば良いのだろうか。それすらわからない。良い意味でしこりを残された作品。イッツ・カフカワールド!

  • すいません買ったきり読んでないです。だって買ったときにはカフカ熱が冷めてたんだもんじゃあ買うなボケ。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1883〜1924。チェコのプラハ生まれ。プラハ大学で法学を専攻。ジョイス、プルーストとならぶ現代世界文学の最も重要な作家。著書に「失踪者」「城」「審判」など。

「2013年 『ミレナへの手紙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フランツ・カフカの作品

ある流刑地の話 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×