白夜 (角川文庫クラシックス)

  • 角川書店
3.34
  • (32)
  • (68)
  • (172)
  • (21)
  • (5)
本棚登録 : 802
レビュー : 89
  • Amazon.co.jp ・本 (118ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042087021

作品紹介・あらすじ

ペテルブルグに住む貧しいインテリ青年の孤独と空想の生活に、白夜の神秘に包まれた一人の少女が姿を現し、夢のような淡い恋心が芽生え始める頃、この幻はもろくもくずれ去ってしまう……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 僕が大学を卒業する直前、いろいろ訳があって松葉杖をついていた。そんな僕が神戸三ノ宮の東門街で泥酔して転んだとき、松葉杖のすぐそばにポケットから飛び出した角川文庫クラシックの『白夜』を見つけて僕の友人は闇の深さを感じたらしい。

    とんでもない。『罪と罰』や『カラマーゾフの兄弟』に比べればライトノベルズの類と呼んでもいいくらい軽くてナイーブで青臭い小説だ。

    今夜は都内に泊まらないといけないので読みかけの分量がちょうどよいこの本を持ってきて、高野馬場あたりで読み終えた。

    ヒロインのナースチェンカは正直言ってメンヘラビッチである。主人公が鬱々とした暮らしの中でナースチェンカと邂逅し、惚れてしまったのは仕方ないにしても、それにしても無様な男女模様なのである。はっきり言って交通事故だ。オラこんなの嫌だ。

    「いい人防衛ライン」を突破して攻めに転じた主人公の青年を僕は応援したい、が、ダメでもともとの試合に出る潔さが足りなかった。

    もっと軽く!もっと軽薄に!!

    『どうかあたしをお責めにならないでください、だってあたしはあなたを裏切るような真似はなにひとつしなかったのですもの。あたしはあなたを愛しつづけると申しました。いまでもあなたを愛しております、いえ、愛しているなどというなまやさしいものではありません。ああ!あなたがたお二人を同時に愛することができたならば!ああ、もしあなたがあの人だったならば!』

    これがラスト付近でナースチェンカが主人公に出した「詫びの手紙」です。いやぁ、クソ女ですね。このあと、舌の根も乾かないうちに青年のことを「親友」とか「兄」だとか呼んで愛の換骨奪胎を始める始末。
    そら青年も「侮辱」という表現を使うよな。

    青年は完全にナースチェンカの後出しジャンケンに翻弄された。しかも二回。彼女は青年が自分に気があることを十分に理解して、自分は如何に賭け金を少なくしながら相手がどっぷり勝負にのめり込むかを見極め狡猾なゲームを展開した。

    そしてその二股はナースチェンカに奏功した。
    酷い話です。

    だから僕は青年に言いたい。
    「もっと軽く!もっと軽薄に!!」

    ただ、『白夜』のストーリーの優れているで点は青年は自分の試合をして、そして負けたこと。僕が軽蔑するのは「脱オタク」をサクセスストーリーとして成就させる『電車男』のような商品だ。エルメスを仕留めたお前、そもそもコンセプトがオタクじゃなくなってるやんけ。
    映画『ダメージ』や『ゴーストワールド』のように一本筋を通し切ったあとの虚無感こそ美しい。

    そして『ナポレオン・ダイナマイト』がいかにぶっ飛んだヒーローなのか、ドストエフスキーを読んで今更ながらに実感するのである。

  • 妄想過多なひきこもりっぽい男性の恋愛における一人相撲。ちょっと寅さんぽくもあるが、寅さんほど純情じゃなくてニヒルか?ドストエフスキーさんは意地悪い人なのかなぁ~とか思った。

  • 初恋の時の苦しくも熱い気持ちが甦ってきました。

    初恋というのは、成就しないからこそいつまでも胸の中で美しい思い出になるのでしょう。
    主人公の若者に、共感。
    オイラも女性を知るまで空想癖がありましたよ。
    あ、いや今もか!

    好きな女の子との逢瀬の度に一喜一憂していた若かりしあの頃。
    あんな風にもう一度女性に恋することなんてあるのだろうか??

    前回、大作カラマーゾフを読んだ時のような、辛さは皆無。
    非常に読みやすい中編。
    ドストエフスキー作品群の中でも埋もれているであろう爽やかでほろ苦い一編。

    入門編としてもよいのでは?

  • ドストエフスキーが大好きになった。やはり文豪というのはユーモアのセンスも抜群ですね!始まりから第二夜までがとても好きです。小説でゲラゲラ笑うなんて、未だかつてあっただろうか?ストーリーというよりも、ディテールが素晴らしい。

  • 一度昔の映画を見て本を手に取った。
    映画でのこのヒロインは勝ってな女性だなーと
    呆気に取られたのを覚えている。
    実際小説でも、純粋で夢想家の青年を無邪気に
    振り回している様に感じる。
    若い男女の恋愛の温度差が、最後のオチに
    皮肉に繋がっている。

  • 最後、こうなるだろうなあと思いながら読んでたらその通りになって、ホッとすると同時に自分の性格の悪さが嫌になる。その落ちを期待していたから……。
    ドストエフスキーの時代でもこういう雰囲気の人って変わらないんだなあってしみじみ思う。絶妙な気持ち悪さが描くの上手い。けれど空想家の話は自分にも思い当たる節があるから共感しながら読んでた。多分読書家なら皆あの部分は共感するものなんじゃないかなあ。
    ナースチェンカも大概だけれど。女友達に絶対なりたくないタイプ。
    冒頭の家に話しかけたりするシーンや空想家の話、「自閉症だったわたしへ」で読んだのと全く同じ雰囲気で、もしかして自閉症……?それともこういうの描くのが上手いだけかなあって考えてる。

  • こじらせ恋愛

  • ちゃんと「序・破・急」でした。

    恋をした少女ナースチェンカは、盲の老婆と暮らすが、いつも洋服通しをピンで止めて暮らしている。
    老婆は自分の介護者の居場所を知るためにそんなことまでする。
    そらいやになるわな。

    「急」は予想通りでしたが、わがまますぎるやろ。逆に夢みがちな青年は現実を直視できるやろな。
    この少女の方が夢想家に見える。

  • 出だしはうじうじした男の戯れ言がつらつら綴られていて退屈だったけど、彼女と出会ってからは割りとスムーズに読めた。
    よくある純愛小説で、結末も予想した通りだった。若い娘特有のズルさに翻弄された彼だけど‥‥まあ、いい夢見れたんじゃないかな。

  • Kindle版

全89件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ロシアの小説家、思想家。トルストイやチェーホフとともに19世紀後半のロシア文学を代表する文豪。

「2008年 『罪と罰 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ドストエフスキーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
安部公房
ポール・オースタ...
谷崎潤一郎
三島由紀夫
ヘルマン ヘッセ
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

白夜 (角川文庫クラシックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×