白夜 (角川文庫クラシックス)

制作 : 小沼 文彦 
  • 角川書店 (1958年4月15日発売)
3.37
  • (30)
  • (64)
  • (158)
  • (16)
  • (4)
  • 本棚登録 :664
  • レビュー :77
  • Amazon.co.jp ・本 (118ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042087021

白夜 (角川文庫クラシックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初恋の時の苦しくも熱い気持ちが甦ってきました。

    初恋というのは、成就しないからこそいつまでも胸の中で美しい思い出になるのでしょう。
    主人公の若者に、共感。
    オイラも女性を知るまで空想癖がありましたよ。
    あ、いや今もか!

    好きな女の子との逢瀬の度に一喜一憂していた若かりしあの頃。
    あんな風にもう一度女性に恋することなんてあるのだろうか??

    前回、大作カラマーゾフを読んだ時のような、辛さは皆無。
    非常に読みやすい中編。
    ドストエフスキー作品群の中でも埋もれているであろう爽やかでほろ苦い一編。

    入門編としてもよいのでは?

  • ドストエフスキーが大好きになった。やはり文豪というのはユーモアのセンスも抜群ですね!始まりから第二夜までがとても好きです。小説でゲラゲラ笑うなんて、未だかつてあっただろうか?ストーリーというよりも、ディテールが素晴らしい。

  • Kindle版

  • ドストエフスキーの作品はどうしても受け付けないものがあり、彼を嫌いになりかけるのだがその時にいつでも思い浮かべてしまうのがこれ。抒情詩人としてのドストエフスキー、これがあるので嫌いになりきれない。愛すべき宝石のような小品。

  • ナースチェンカ!ってつい言いたくなる
    読了後なぜか谷崎潤一郎の痴人の愛が読みたくなった…(笑)

  • 1990 読了

  • 薄いので再読。ロシア文学にはどうも「登場人物の名前が覚えられない」という苦手意識があってほとんど長編には手を出せていないのだけれど、さすがにこれくらいの短さで登場人物二人だけならセーフ。

    しかしよく喋る主人公だなあ(笑)そこは心の中で独白にしておきなよ、ということまでペラペラ口にしちゃうのだけど、典型的な、友達いないのだけど喋り出すと止まらないタイプ・・・というか、いるよね、現代日本にもこういう人、結構たくさん。そういう意味ではドストエフスキーのキャラ造形ってすごい。

    一方ナースチェンカのほうは、主人公には天使のように純真に見えてるのだろうけど、客観的に見ればたいした小悪魔(苦笑)

    若いころに読んだときは、それなりにロマンチックなラブストーリーのように思った気がするのだけど、今読むと主人公のキャラの「痛さ」の印象のほうが強く残ってしまう。いつか幸せな恋ができるといいね(同情)

  • ドストエフスキーの本の登場人物って変な奴本当に多いよな~(笑)なんだこの主人公(笑)
    ぼっちで妄想過多でヤバいなと思うけど、せめて知力だけはあるから、まともっちゃまともなんだろうな(笑)
    そしてそんな妄想男が惚れたナースチェンカの裏切りっぷりもすごい(笑)こんな切り替え早い女初めて見た(笑)
    100ページくらいの短い本だったけど、なかなかおもしろかったです(笑)

  • 再読。登場人物がそれぞれ我が道を突っ走っている。

  • 非モテが饒舌に自分の趣味(妄想)を語りまくるシーンのキモさが最高に良かった!www
    ナースチェンカが(無意識に)主人公をキープしといて本命が現れたらあっさり乗り換えて「来週結婚しまーす」というのが、なんというか酷すぎて素敵。

全77件中 1 - 10件を表示

白夜 (角川文庫クラシックス)のその他の作品

白夜 (角川文庫) Kindle版 白夜 (角川文庫) ドストエフスキー

ドストエフスキーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
ドストエフスキー
ドストエフスキー
ドストエフスキー
ヘミングウェイ
ヘルマン ヘッセ
ドストエフスキー
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

白夜 (角川文庫クラシックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする