罪と罰 下 (角川文庫)

制作 : 米川 正夫 
  • 角川グループパブリッシング
3.80
  • (12)
  • (12)
  • (12)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 165
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (550ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042087182

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018/09/24

  • とても面白く読めた。ラストは感動した。現代日本にはこの物語の主人公のような利己主義の塊みたいな人が多いと感じる。作者の”信仰”という結論に納得行かない人は多いだろうが、現代でも一読の価値があると思う。

  • 最後50ページくらいで怒涛の展開。逆に言うと、それまでがえらく長かった。必要だったんだろうとは思うけど。
    でもその最後の50ページがすごく面白かったし、これは名作なんだなあと納得。読み返したらまた面白そう。でもしばらくはいいかな。疲れるね。

  • 米川正夫訳のすげー古いやつ

  • 保有状況:&購入日:&購入金額:

  • ドストエフスキーにはまるきっかけとなった本。

    いろいろ考えさせられた。

  • ドストエフスキーの名作

  • 私が読んだのはこの出版社のものではないのですが、同じく米川正夫氏の訳されたものでした。ぜひ米川氏の訳で読んでみてください。中学生時代に読み、衝撃をうけました。

  • ラスコーリニコフのバカヤロー。

全10件中 1 - 10件を表示

罪と罰 下 (角川文庫)のその他の作品

罪と罰(下) (講談社文庫) 文庫 罪と罰(下) (講談社文庫) ドストエフスキー

ドストエフスキーの作品

罪と罰 下 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする