新訳 ヴェニスの商人 (角川文庫)

制作 : 金子 國義  河合 祥一郎 
  • 角川書店 (2005年10月25日発売)
3.84
  • (10)
  • (19)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :108
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042106166

新訳 ヴェニスの商人 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最後の裁きのところは知ってはいたが、それがどのような経緯でそうなるかは、やはりちゃんと読んでみないとわからないもの。

  • 読後もっとも強く感じたのは、ユダヤ人に対するマイナスイメージのこと。本作が世に出て以降、舞台で演じられ読み継がれること数世紀。ユダヤ人に対するバッドイメージが流布され再生産されてきたことを案じた。

    後述の法廷で、シャイロックは頑なに肉1ポンドに固執。ユダヤ人への仕打ちに対する復讐の思いを滲ませる。ここで双方は異教徒という言葉を口にする。西欧におけるユダヤ人差別と偏見は、彼らがユダヤ教を信じる異教徒であること、西欧キリスト教社会の内なる異分子であったことが根のひとつか、と改めて思い至る。

    かように古典作品に散見される偏見や差別。とはいえ、後世の者にこれを修正・検閲する権ありとも思えない。有名な戯曲・文学である本作を、ユダヤ・イスラエルの人々は、どのように受け止めてきたのだろうか。
    * 
    以下内容あらましを少々。ヴェニスの人バサーニオは、親友の貿易商(資産家)アントーニオに借金。超絶美人ポーシャへの求愛に赴く旅費を工面するためだ。このときアントー二オは、ユダヤの金貸し商人シャイロックからその金を工面。ただし期限内の返金無ければアントーニオの胸の肉1ポンドを差し出す、という証文を取り交わす。
    (中盤、ポーシャに求婚する者たちが、金・銀・鉛の3つの箱、いずれかを選ぶ試練に挑むサイドストーリーあり。)
    そのあと終盤近くは法廷劇。1ポンドの肉の是非を問うやりとりが展開する。ちなみにこの法廷で、先の美しき某貴婦人が男装して登場し、鮮やかな大岡裁きを披露する。だが、バサー二オはじめ誰ひとり、その変装に気づかない!そのへんの強引さはシェイクスピア戯曲を読む際のお約束か。逆に、舞台化・映画化したものを観たいと思わせるドラマチックな作品である。

  • 注釈もなるほどというものが多く、面白く読めた。

  • 多分、なんだかんだでベニスの商人初めて読んだ。
    こういう話だったのね。教養として、知っとかないとね。

  • こわいやらおやじギャグやら。
    喜劇・・ではないと思うぞ。

  •  財産のない情熱家バサーニオは、噂に名高い女相続人ポーシャに求婚するために金が必要だった。大商人アントーニオは、この若い友人のため、航海中の全財産を担保にユダヤ人金貸しシャイロックから大金を借りる。シャイロックは無利子で融資するといった――ただひとつ、「期限を破った場合は、アントーニオの胸から肉一ポンドをもらう」と条件をつけて。

     2005年秋に映画『ヴェニスの商人』公開に合わせて出たもの。
     すばらしい訳だと思います。シャイロック、アントーニオ、バサーニオ、ポーシャ、それぞれの人物像に口調がぴったり合っている。
     これを小田島訳で読んだのは映画公開のころだったし、映画もこのところ観返していないしで、いい具合に中身を忘れていたので読んでいて楽しかったです。

  • シェークスピア作品特有の、たたみかけるようなクライマックスのシーンがすごくスカッとしますよ。すっきり~、そしてかなり愉快!

  • こういう新訳には「新訳」としての価値がじゅうぶんにあるのではないか、と感じます。(普及版である文庫だし)。アル・パチーノ主演の映画にも触れた訳者あとがきも興味深い(あとがき自体は映画公開の直前に書かれたものみたい)。「シャイロック」にどれだけ肩入れするか(できるか)で、この劇の印象が変わってくるというのは当然のこと。そのへんも勘案された、「上演を目的」ともされる新訳です。だから流れがいい。途中、まるでヴェネツィアのゴンドラに揺られているような(ヴェネツィアにもゴンドラにも詳しくはないが)リズムの「うた」が印象的です。私はやはり「詩人」としてのシェイクスピアもまた、とても好きみたいです。

  • 「笑い」には差別のエッセンスがはずせないのかも。
    いろいろ考えるね、作者の意図を遠くはなれて。

  •  2009年3月15日購入

     2009年4月29日初読

全15件中 1 - 10件を表示

新訳 ヴェニスの商人 (角川文庫)のその他の作品

新訳 ヴェニスの商人 (角川文庫) Kindle版 新訳 ヴェニスの商人 (角川文庫) シェイクスピア

シェイクスピアの作品

新訳 ヴェニスの商人 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする