日本の面影 (角川文庫)

  • 角川書店
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042120025

作品紹介・あらすじ

ギリシアの血とアイルランドの血をうけたハーンは、東洋の孤島に放浪の足を止め、「日本の魂の発見者」となった。この神秘的な浪漫詩人は、印象的な筆致で物珍しい生活と美と心を描いた。「盆おどり」など23篇収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 途方もなく遠いけれど、その悲しみや、不安や、孤独、時折見いだせる一瞬のほほえみは今と変わらない。
    私の祖先もこんな風だったのか?

  • 2010/6/7購入

  • 目次
    東洋の第一日
    盆おどり
    子供の霊の洞窟−潜戸
    石の美しさ
    英語教師の日記から
    日本海のほとりにて
    日本人の微笑
    夏の日の夢
    生と死の断片
    停車場にて
    門つけ
    生神
    人形の墓
    虫の楽師
    占の話
    焼津にて
    橋の上
    漂流
    乙吉の達磨
    露のひとしずく
    病理上のこと
    草ひばり
    蓬莱
    訳註
    年譜
    解説

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1850年、ギリシアのイオニア諸島にあるレフカダ島で、アイルランド人の父とギリシア人の母との間に生まれる。幼くして父母と別れ、19歳でアメリカに渡る。以後、世界各地を転々とし、90年に通信記者として来日。同年、小泉節子と結婚。96年に帰化し、小泉八雲と改名。英語、英文学を講じる一方、日本人の内面や日本文化の本質を明らかにする作品を描き続けた。1904年没。

「2019年 『小泉八雲東大講義録 日本文学の未来のために』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ラフカディオ・ハーンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール オースタ...
ヘルマン ヘッセ
ウィリアム・ゴー...
サン=テグジュペ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×