ダロウェイ夫人 (角川文庫)

  • 角川書店
3.24
  • (9)
  • (18)
  • (54)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 259
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042131038

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「意識の流れ」技法を使った代表的作品。面白いけど、登場人物の内なる声を拾うのに結構疲れるので、集中力が必要な本。実際誰に発した声だかわからなくなるので、神様は本当に大変だと思った(笑)

    ロンドンのある一日を綴った物語なんだけど、各々の人物がここではない何処かに思いを馳せたり、過去を振り返ったりするので今ここに存在する人は今だけで存在するわけでもなく、ここだけに存在しているわけでもないと当たり前のようだけど、改めて考えさせられた一冊。

  • 意識の流れがうっとうしい。生起する心象や記憶をそのまま書くという手法によって一体なんの話なのかわからなくなる。ダルドリー監督「めぐりあう時間たち」で鍵になる作品として登場していたので本書を手に取ったが、私には高尚すぎるというのが本音。

  • 2017/10/04-10/20

  • w

  • 六月のロンドン。心地よい空気が満ち溢れたセント・ジェームズ公園を、ダロウェイ夫人が歩いている。五十の坂をこして、自分がとても若いような気もするし、お話にならないほど老けたような気もする―。
    人間のたうたうような意識の流れを、心に雨のようにそそぎこむ独特の文体と、新鮮な構図でまとめあげ、さまざまな人生を謳いあげる。
    新手法をはじめて自由に使いこなし、見事な成功をおさめた、記念すべきウルフの最高傑作。<裏表紙より>

    難解。再読の必要あり。

  • 有閑階級の女性がだらだらと過去を振り返るお話。精神の流れを詳細に追って、文学に新境地を開いたウルフの野心作と称されているのだが、エピソードの区切りがわかりづくらくて、読みきれなかった。

  • 初めてのバージニア・ウルフ。一言で難解だった。要約してしまえば数行でいえてしまいそうな出来事を、精神の流れを主体として、登場人物に語らせ紡がれる手法で描かれた。ウルフ独特の表現であり、いわゆるナレーションがなく、登場人物の目線、もっと言えば独白のような表現で話が進行していくので、読み手の想像力と集中力が非常に必要になる。私は結構行ったり来たりしてしまって、はっきり言って筋をつかんでいないのが現在。それなので評価できる立場にないが、一応形だけでも読み終わったということで記しておく。「燈台へ」の方もいずれ読んでみたい。その時もう一度読み返そう。

  • 最後の一ページのために全てがあったのか。言いようのない衝撃。セリフの中にもあるが、俗なものをどう受け入れるかこの小説の鍵になる。これまで読んだどんな文学とも異なる作品。こんなにも開放して、人は正気でいられるのだろうか。

  • 読んでたらわけがわからなくてつまらなかった。
    でも、考えさせられたり、感じさせられることもありました。

  • 最初は読みにくくて、途中から転がるように面白くなっていく。というより一気に読まないと多分会話の流れや人物なんかがわかりにくい。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

イギリスの作家。1882年ロンドンで生まれる。作家・芸術家・批評家のサークル〈ブルームズベリー・グループ〉に加わり、1915年、第一長篇『船出』を発表。〈意識の流れ〉の手法を用いた『ダロウェイ夫人』(25)、『燈台へ』(27)、『波』(31)で先鋭的なモダニズム作家として高い評価を得た。1941年、『幕間』(没後出版)の完成原稿を残して入水自殺。

「2020年 『フラッシュ 或る伝記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヴァージニア・ウルフの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
ヴァージニア ウ...
J. オースティ...
遠藤 周作
ベルンハルト シ...
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

ダロウェイ夫人 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×