キリマンジャロの雪 (角川文庫)

  • 角川書店
3.49
  • (10)
  • (20)
  • (35)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 220
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042135043

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ヘミングウェイの短編集です。表題は聞いたことはあるのですが読んだのは初めて。そう言われてみるとあまり作品数は読んだことなかったかなあと思いました。
    老人の海と…ぐらい?ちょっと自分でびっくりしました。
    映画化されている作品が多いのでストーリーを知っている物は多いのですが。

    表題作よりも「二つの心臓を持つ大川」が好きでした。それにしてもこの題名。直訳だし他の訳仕方も難しそうですが何かカッコ悪いなあ。大自然の中に一人気ままに過ごすことの大きな大きな喜び。マスと人との一対一の原始的な戦いに人としての誇りとなぜか優しさを感じました。豚肉とインゲン豆もカンヅメってのはポークアンドビーンズの缶でしょう。けして美味しかった代物ではないと思うのですがとても美味しそうに感じました。実際体験するよりも、映像で見るよりも確実に美味しそうだなあ。

    他の短編もどれも面白かったです。出来れば原書で読んでみたいな、と思いました。それにしてもマコンバーのお話は奥さんの行動は故意ともそうでないとも取れる行為ですね。個人的には意識下にそう言う想いがあったにせよ事故だったと考えると面白いな、と思いました。それにしても何の罪もない動物を食べる訳でもないのに狩猟するのはそれほど楽しいことなのだろうか、と思ったりしました。

  •  
    ── ヘミングウェイ/龍口 直太郎・訳《キリマンジャロの雪 19691201 角川文庫》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4042135048
     
    ── ヘミングウェイ/谷口 隆男・訳《キリマンジャロの雪 1936 1952》
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=87518&pg=19640220 集英社14-183
     
     Hemingway, Ernest 18990721 America 19610702 61 /猟銃自殺/作家
    ── 《The Snows of Kilimanjaro 19520818 America 19530122 Japan》
    http://crest-inter.co.jp/kilimanjaronoyuki/
     
    …… キリマンジャロ地区は、タンザニア国内でも有数の高品質コーヒー
    豆の生産地であるが、必ずしも世界的に人気がある銘柄とは言えない。
    日本でキリマンジャロがブランドとして認識されるようになったのは、
    ヘミングウェイ原作の『キリマンジャロの雪』(1953年日本公開)が
    きっかけであると言われている。その結果日本はドイツに次いで、
    タンザニア産のコーヒー豆を輸入するようになった。現在[いつ?]、モカ、
    ブルーマウンテンにつぐ人気を誇る銘柄に成長した。かつてはブルー
    マウンテン同様「英国王室御用達」という売り文句で販売されていた。
    (Wikipedia)
     
    …… (Blue Mountain)とは、ジャマイカにあるブルーマウンテン山脈
    の標高800から1200mの限られた地域で栽培されるコーヒー豆のブランド。
     
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=87518&pg=19690727
     雨の日の客 Charm Open
    https://tx696ditjpdl.blog.fc2.com/blog-entry-2728.html
     
     ブルマン vs キリマン ~ Blue Mountain vs Kilimanjaro ~
    https://q.hatena.ne.jp/1618659949#a1277009(No.4 20210418 11:08:55)
     
    (20210418)
     

  • ロマンだな。
    力強さと喪失さを感じる。

  • いやいやいや....。
    面白くないでしょ、これ。

    原文なら、文章が素晴らしい
    なんか褒めようがあるのかも知れんが、
    話自体はクソ面白くない。
    つーか物語すらなってねーし。

    古き時代の、中身がない純文学って感じっすかねー。

  • キリマンジャロの山頂の美しい景色を見て、あぁ、俺はここに来るべき運命だったんだと感じて死んでいくのは正直羨ましい。
    美しい景色を見たら世の中のことやちっぽけな自分のことなんてどうでもよくなる。

  • 作者の短編は登場人物が生き生きとしてる。うまく描かれている。『老人と海』を想起する。アフリカ最高峰のキリマンジャロが「海」、主人公もしかり。もっとページ読んでいたかったのが読了感であった。

  • ヘミングウェイの短編集。
    本当に短い話は、たったの3ページのものもある。
    多くが男女の話で、おもしろかったが、男女の話ではない、「二つの心臓をもつ大川」(Big Two-Hearted River) が良かった。
    釣り人の話で、川のそばでキャンプをしながら、マスを釣るのだが、その描写がすばらしい。
    エサのバッタを釣り鉤に取り付けるときのバッタの様子、糸を投げてエサのバッタが水面を泳いだり水に隠れたりする様子、魚が食いついて糸が引っ張られる様子など、釣りの描写もすばらしいが、釣り場に着くまでの主人公の様子や、テントを張るときの説明もすばらしい。その場面が頭の中にはっきりと想像できるような描写がされている。
    訳もとても良かったが、原文にも触れてみたいと思った。

  • 表題作が読んでみたくて購入。いくつかの短編も良かったけれど、トータルでは今ひとつ入り込めなかったのが正直なところ。男性なら共感できるのかな。

  • ● お気に入りは「二つの心臓を持つ大川」。多少ありきたりな釣行記と言えなくもない第二部より第一部、とりわけテントを設営して食事を準備するシーンが好き。微分するかのような解像度で昂ぶることなく淡々と行動を描写しておいて、やがて旧友に想いを馳せるニックの記憶の記述へと転換していくところが秀逸。一人で自然と対峙しながら行動する時の、感覚が研ぎ澄まされていく緊張感と、人心地ついて、ふと記憶の断片に心委ねる瞬間を追体験できる。ソロキャンプとマス釣りを愛好する者として、この短編を読むことはフィールドで過ごすことに継ぐ至福のひと時と言えよう。
    ● いくつかの短編で死への恐怖とその克服がテーマかなと感じた。

  • ヘミングウェイ著「キリマンジャロの雪」角川文庫(1969)
    久しぶりに読んだ小説だった。それもヘミングウェイ。インドに向かう機上で一気によんでしまった。「武器よさらば」「陽はまた昇る」「誰がために鐘はなる」彼の多くの作品はすでに読んでいる。もちろん一番すきな彼の作品は「老人と海」だ。かれのハードボイルドさが随所にでてくる。アメリカでノーベル文学賞をとった作家の中で最も自分が大好きな作家がヘミングウェイだ。なぜならかれの文体、そして人生においても魅力を感じさせてくれるからだ。今回のこの本は、彼の短編集。「キリマンジャロの雪」を含む合計13篇の短編が載せられている。このキリマンジャロの雪は数あるかれの短編の中でも、最高傑作と誉れが高い作品だ。短編であるが、キリマンジャロの頂に壮絶な死を遂げた男の苦悩の一日を描いている。たまには小説も良いなあと身にしみた一冊となった。

全21件中 1 - 10件を表示

ヘミングウェイの作品

キリマンジャロの雪 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×