若草物語 (第3) (角川文庫)

  • 角川書店
3.75
  • (6)
  • (4)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (487ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042141082

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジョーもベア先生も模範的な人間で描かれており、初期の若草物語が恋しくなった。
    この夫婦は若草物語~続若草物語でのマーチ夫妻の言動とほぼ同じような気がする。
    先生という立場上、仕方ないかもしれないが、模範的過ぎて退屈さを感じた。

  • 4042141080  487p 1993・11・30 19版

  • 「ナンとジョー先生」という名前で以前TVアニメ化されました。私が教師に憧れた所以の作品。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

ルイザ・メイ・オルコット(Louisa May Alcott 1832‐88)
19世紀を代表するアメリカ女性作家。ペンシルヴァニア州ジャーマンタウンに生まれる。教育者・哲学者の父親エイモス・ブロンソン・オルコットと、奴隷制反対運動に関わっていたメイ家の出身であるアビゲイル・メイの次女として生まれる。マサチューセッツ州コンコードで少女時代を過ごし、ラルフ・ウォルドー・エマソンやヘンリー・デイヴィッド・ソローと交流があった。南北戦争時には北軍の看護師として従軍。南北戦争後に『若草物語』(1868)を出版し人気を博す。『若草物語』執筆前(1866)に、A. M. バーナード名義で大衆向けのスリラー小説を出版していたことが、20世紀にはいって明らかになった。

「2021年 『仮面の陰に あるいは女の力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ルイザ・メイ・オルコットの作品

ツイートする
×