華麗なるギャツビー (角川文庫)

制作 : 大貫 三郎 
  • 角川書店
3.18
  • (10)
  • (23)
  • (74)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 313
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042155010

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 他の方も書かれていることですが、翻訳があまりに酷い…。読み通すのが苦痛でした。
    名作の誉れ高い作品を、酷い訳で読んでしまった時の悲しさ。やはり、購入前にどの版が良訳なのかといったことは調べないと危険ですね。
    別の訳でじっくりと読み直したいです。

  • 1度読んだ時には分からなかったけれど、2度目に読んだ時に、ギャツビーの魅力が伝わってきた気がした。

  • かわいそうなギャツビー。その生涯は一人の女の人に捧げられ、その見返りはなしに等しかった。

  • 申し訳ないけど、翻訳が全く合わなかった。

  • もっかい映画見たくなった

  • 映画鑑賞後に気になって文庫本を購入。
    古い作品なので文章が多少読みづらいけど、そこがまた当時の時代を彷彿とさせて私はなかなか好きでした。
    小説を忠実に再現した映画だったので、ストーリー展開は予想できたのですが映画にはなかったギャツビーの死後のストーリーが描かれているのが良かった。。。

  • ※映画をみました。

    フィッツジェラルドの名作「グレート・ギャッツビー」の映画版。
    フィッツジェラルドといえば村上春樹が愛する作家としても有名で、
    ノルウェイの森で主人公が読んでいたのをチェックし
    いそいそと書店で文庫本を買い求めたものの
    数ページで挫折し今に至るという愚民が私です。
    そういう意味で座っていれば勝手に
    ストーリー展開してくれる映画はもってこいでした。。笑

    恋に落ちた令嬢が忘れられず、
    彼女が結婚したあとも彼女がやって来ることを願って
    毎夜豪華なパーティーを繰り広げる
    謎の富豪ギャツビーのお話。

    1922年のニューヨークが舞台ですが、
    映像や音楽がクラシカルでなく
    現代風にアレンジされていたのもあり
    全く古く感じず、逆に当時のNYのイケイケ具合を
    リアルに感じられたのではないかなーと思います。
    ギャツビーのパーティー、ゴリゴリのヒップホップかかってたし。笑
    完全にちゃらいパーティーピーポーの集まりでした。
    プラダ&MIUMIUのお洋服も美しかった。

    原作読んでないですが、ストーリーも割と忠実に再現されているようです。
    とりあえずギャツビーがキレるシーンが迫力だったということ、
    ヒロインの女のズルさをもって人類一般のズルさを改めて感じたということ、
    そのあたりお話したいです。
    個人的には雨のお茶会シーンも可愛くてツボでした。

    本と、昔の映画もみてみたいー

  • 正直、読み辛かったです。
    メインストーリーは魅力的だとは思いますが、そこに辿り着くまでがしんどい…。
    よくも悪くも、古い作品でした。

  • 映画わず。今までで観た映画で1番面白くない、クソ映画。音楽も演出もサムケした

  • わけがわからない。
    名作だからなのか、異邦人と同じ香りがするわけのわからなさ。
    ギャツビーとは何者なのかと言われれば、女を手に入れるために成り上がった男、そして女により全てを失った男。
    デイジーがギャツビーの死をどう捉えたかがまるで出てこないのが不気味だ。

全41件中 1 - 10件を表示

華麗なるギャツビー (角川文庫)のその他の作品

フィツジェラルドの作品

華麗なるギャツビー (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする