華麗なるギャツビー (角川文庫)

  • 角川書店
3.21
  • (16)
  • (28)
  • (82)
  • (17)
  • (6)
本棚登録 : 412
感想 : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042155010

作品紹介・あらすじ

途方もなく大きな邸宅で開いたお伽話めいた豪華なパーティー。デイジーとの楽しい日々は、束の間の暑い夏の白昼夢のようにはかなく散っていく。『失われた時代』の旗手が描く”夢と愛の悲劇”。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 翻訳者が苦手であった。(昭和32年発行のものであるからかもしれない)
    次は原作を読んでみようと思う。

  • 大江さんの翻訳で読んだがイマイチだったので村上春樹訳で再読

  • 女はいつも心変わりをする。彼が頑なに愛したのは過去の彼女であって現在の彼女ではなかった。そして、彼女は過去の彼ではなく、現在の彼を愛した。財を成しても彼は、純真で最後までそれを貫き通した。信じていたのではないか...愛は永遠だと...

  • 最初と最後の文が印象的だった。
    とはいえまだ飲み込めないところがおおくてふわふわした感じがすごい。
    また成長して、物の見方が変わった後に読みたい。

  • 貧しさゆえに、恋人を失ったギャツビーはいま、ロング・アイランドに豪邸を構え、夜ごと華やかなパーティーを開く。
    すでに人妻となった恋人を取り戻そうと、富を築いたギャツビー。その狂気ともいうべき一途な情熱は、不慮の死という悲劇となって幕を閉じる。
    1920年代のアメリカ社会に生きた人々の成功と敗北。失われた青春の夢を描く「ジャズ・エイジの旗手」フィツジェラルドの代表作。

    -----
    人生の哀しみが漂ういいストーリーだと思うのだが、翻訳に難あり。文体・会話の感覚に今ひとつ馴染めないまま終わってしまった。村上春樹の訳で読みたい。 20000724

  • 他の方も書かれていることですが、翻訳があまりに酷い…。読み通すのが苦痛でした。
    名作の誉れ高い作品を、酷い訳で読んでしまった時の悲しさ。やはり、購入前にどの版が良訳なのかといったことは調べないと危険ですね。
    別の訳でじっくりと読み直したいです。

  • 1度読んだ時には分からなかったけれど、2度目に読んだ時に、ギャツビーの魅力が伝わってきた気がした。

  • かわいそうなギャツビー。その生涯は一人の女の人に捧げられ、その見返りはなしに等しかった。

  • 申し訳ないけど、翻訳が全く合わなかった。

  • もっかい映画見たくなった

全45件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1896年ミネソタ生まれ。ヘミングウェイとともに「失われた世代」の作家として知られる。大学在学中から小説を書きはじめ、『グレート・ギャツビー』を刊行して一躍時代の寵児となる。激しい恋愛の末、美貌の女性ゼルダと結婚、贅をつくした生活を送る。しかし、夜ごとの饗宴を支えるため乱作をはじめ、次第に人気を失い、ハリウッドの台本書きへと転落の道を辿る。1940年、再起をかけて執筆していた『ラスト・タイクーン』が未完のまま、心臓発作で逝去。

「2022年 『グレート・ギャツビー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フィツジェラルドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ウィリアム・ゴー...
ヘミングウェイ
谷崎潤一郎
三島由紀夫
東野 圭吾
G. ガルシア=...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×