禁じられた遊び (角川文庫 赤 258-1)

  • KADOKAWA
3.20
  • (1)
  • (4)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042258018

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ミッシェルと、ポーレットが、私の中で、永遠の、少年、少女、だった。とてもすきな本です。ミッシェルという名は、特別な印象があります。ポーレットの、少女らしいワガママに、振り回されながらも庇おうとする、ミッシェル少年が、けなげで、最後は、切なかった。ポーレットも、幼いこどもなのに、魔少女めいた、時にミッシェルに対して、母性までも、その内心のつぶやきに、感じ、印象的だった。

    映画では、不謹慎だが、ミッシェル少年の美少年ぶりに、ときめいた。ポーレットもとても魅力的だった。
    ラストシーンでの、ポーレットの叫び声に、どうしようもなく胸が痛んだ。





  • 映画を見たのはずいぶんと昔の事なので、記憶もあいまいだが、いたいけのない子ども達の可哀想なお話‥‥という印象だった。

    主役の女の子は確かに可哀想な子どもだけど‥‥原作はちょっと違う。そして、こちらのほうが恐ろしく、面白い❗️

    どんなに小さくても、女の子は女であって、男の子は男なんだ。男は女の前で大見得を切り、女はそれを煽る。最後の悲劇は、そんなところからきているようだ。

    この少女は、もしかすると真っ当な人生を歩まないかもしれない。けれど、どんな状況でも逞しく生きて行くんだろうな。と、想いを巡らせてしまった。

  • 殺された者に神の愛を、殺した者に神の愛を、そんな裁きをする権利が人間にあるのか。この世界での神はポーレットであり、軽い気持ちでそれを信じ従うミッシェルは破滅に向かう。
    読みづらくてふわふわしてしまったけど後までぐぐっと引きずられます。おもしろいです。映画も観たい

  • メタファーとアイロニーに満ちた作品。
    戦争も知らず信仰心も持たない自分にはピンとこない点が多かったのが残念。
    映画も見てみようかな。

  • 戦争は人を鬼に変える。

    無関心は復讐される。

  • 2008/01/10読了

  • 名作の映画。

全7件中 1 - 7件を表示

フランソワ・ボワイエの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘルマン ヘッセ
三島由紀夫
ウィリアム・ゴー...
ウィリアム シェ...
ヘミングウェイ
ツルゲーネフ
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×