トワイライト・アイズ〈下〉 (角川文庫)

  • 角川書店
3.27
  • (2)
  • (2)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 51
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042461029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • クーンツおじさんにしてはサワヤカで、そうか、こういうのも書けるのかと驚いた記憶がある。

  • <薄明眼(トワイライト・アイズ)>を持つ17歳の少年スリム。彼の能力は人間社会に紛れ込む悪鬼(ゴブリン)を見分けられることだった。ゴブリンは一見人間と変わらないが、人間を苦しめ殺戮し、恐怖や絶望、悲しみを得ることに執念を燃やす怪物だった。義伯父に化けたゴブリンを倒して逃亡したスリムは身分を隠してカーニバルに逃げ込む。暖かな周囲の人々に一時の安息を得た彼だったが、やがてある町がゴブリンの巣窟となっていることを知る……。

    分厚い、しかも上下巻からなるこの長編は2部構成となっていて、1部と2部では発表時期に1年の間があるらしい。この間にクーンツ自身の心境や考え方にも変化があったらしく、作風はかなり異なっている(ここら辺は瀬名秀明氏による解説に詳しい)。1部がカーニバルを舞台にしたノスタルジックな雰囲気なのに比べ、2部は同じく特殊能力を持つ妻ライアと共にゴブリンの巣窟へ乗り込んでいくアクション活劇になっている。そのつなぎがうまくいっているかというと、?マークをつけざるを得ない。何となくちぐはぐな感を受けてしまうのだ。

    しかしそれより何より、この作品を駄作という印象にさせているのは翻訳の惨さ。スリムの第一人称で物語は進むのだが、ただでさえ少々晦渋な描写が、翻訳の稚拙さによってさらにむちゃくちゃなものになってしまっていた。
    角川ホラー文庫で海外作品が刊行されなくなってしまったのは、こんなところに理由があるのかな、なんて勘繰ってしまったり。

    【感想は読了当時のもの】

  • 199/3/10

  • 99mmdd以前読了

全4件中 1 - 4件を表示

ディーン・R.クーンツの作品

ツイートする
×