和をもって日本となす〈下〉 (角川文庫)

  • 角川書店
3.39
  • (1)
  • (5)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042471028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 玉木さんの後書きが良かった。

  • 2010年の今でも本書の視点を感じることがある。
    日本人じゃないからの枠組みは野球に限らない問題。

  • 『日本人は跪いてあんたらの足にキスするか、そうでなけりゃあんたらの顔の上にしりをのっけてすわるか、そのどっちかんなんや』竹村健一

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1942年、米国ニュージャージー州生まれ。大学在学中、合衆国空軍に入隊して来日。除隊後は上智大学で政治学を専攻した。出版社勤務などを経て、日米の文化をテーマとした執筆活動を開始。77年に『菊とバット』(サイマル出版会、早川書房)、90年に『和をもって日本となす』(現在、角川文庫)がベストセラーとなる。『東京アンダーワールド』『東京アウトサイダーズ』(角川文庫)や『サクラと星条旗』『イチロー革命』(早川書房)など多数の著作がある。

「2018年 『ふたつのオリンピック 東京1964/2020』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロバート・ホワイティングの作品

ツイートする
×