東京アンダーワールド (角川文庫)

制作 : Robert Whiting  松井 みどり 
  • 角川書店
3.58
  • (26)
  • (44)
  • (77)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 338
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (508ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042471035

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昭和初期の時代、戦後の日本社会の暗黒時代を主テーマとして日本在籍の外国人ルポライターによる異色な作品。

  • 2002.11.30~ 12.12 読了

  • 20151111

  • 日本の裏社会や六本木の歴史など、ディープな世界が興味深く面白かったです。

  • GHQ、RAA、力道山からロッキード疑獄まで。
    歴史の、教科書に載らない部分は コチラ。

  • 戦後の東京の裏の歴史を、一人のガイジンを通して眺められたのではないかと。
    それはそのまま日米史になるものであった。
    非常に面白く読めたが、
    真似はできそうもない苦笑

  •  敗戦後の混乱期に東京の闇市から身を起した、一人の外国人ニコラ・ザペッティのノンフィクション小説である。本人との度重なる取材を経て、その事実の裏づけを取り当時の東京の闇を暴く。暴力に支配された裏社会を生き抜き飲食店で成功を収めるニコラだったが、晩年は訴訟を抱え失意のどん底で苦悩する。ニコラの様な人生に共感することが出来る人は稀である。共感できないからこそ、一般人なのである。

  • ニック・ザペッティっていうレストラン経営者にして元プロレスラー、闇世界にも通じたイタリア系アメリカ人(後に日本に帰化)の半生を通して戦後の日本、東京の裏社会を描く。話手であるザペッティ氏のかなり個人的な話も結構含まれるので、他人の離婚やら借金やらについて特段興味のない方はざっくり飛ばし読みしてもいいかもしれない。今から10年前に出版されただけあって、構造改革路線へのシンプルな礼賛と日本社会の非効率性・閉鎖性などへの批判がある種の懐かしさをかもし出すとともに、「この程度の理屈でコロッと騙されてたんだ?」という悔悟とも何とも形容しがたい読後感が残る。肝心の裏社会の話にしても、まあそんなもんなんだろうな位の印象。

  • 戦後の裏社会を垣間見る!的な内容。
    特定の人物(ザペッティ)の話が非常に長く、 その時代の背景や思想、その推移などの大枠の話があまり無かったためにあまり実感が湧かず・・。その時代に詳しい人であれば楽しめるのかもしれない。

  • 夜の東京を支配する「不良外人」ニコラ・ザベッティが戦後、進駐軍への日本人たちの卑屈な劣等感に始まり、国民の英雄:実は北朝鮮人だった“力道山”との関わり、児玉誉士夫、横井英樹ら闇社会の実力者との交友。そして腐敗した政界との深い関係も暴露!日本の戦後を裏社会から見た日本史が迫力あります。ニコラが晩年、日本に帰化した時には、日本は自信満々で、戦後と異なり米国を馬鹿にするという逆説もまた面白いです。裏日本史のどこまでが真実なのか?参考文献を見る限りどうなのか、興味しんしんです。

全48件中 1 - 10件を表示

東京アンダーワールド (角川文庫)のその他の作品

東京アンダーワールド 単行本 東京アンダーワールド ロバート・ホワイティング

ロバート・ホワイティングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ヘミングウェイ
安部 公房
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

東京アンダーワールド (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする