東京アウトサイダーズ―東京アンダーワールド〈2〉 (角川文庫)

制作 : Robert Whiting  松井 みどり 
  • 角川書店 (2004年1月1日発売)
3.28
  • (3)
  • (5)
  • (23)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :87
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042471059

東京アウトサイダーズ―東京アンダーワールド〈2〉 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 父親の世代に隆盛を極めた学生運動。俺には理知的な彼らが何にそんなに怒っているのか、本書を読むまで理解できなかった。アンポってなんだハンキョーって何だ、怒る理由にならないじゃないか。ソレって教科書が如何に本質に触れていないか痛感させられる土台になった。

    教科書に決して書かれない戦後史の側面がグロテスクな程むきだしなっている東京アンダーワールドからのスピンアウト作。

  • 『東京アンダーワールド』の続編。といっても時系列的に続いてるわけではなく、あくまでも「外伝」的な感じです。
    内容は前作と同様東京のヤミ社会を鮮やかに描いており非常に面白いのですが、ザペッティという「軸」を失った分時間軸や主題の流れが(前作以上に)分かりにくくなっている感は否めません。とはいえ、これも前作同様「だがそれがいい」と言えるレベルではあると思うのですけれども。

  • 愛読書「東京アンダーグラウンド」のスピンオフ的な作品。これだけの不良ガイジンの資料を見つけて丁寧に書き込んでいることにちょっと感動します。この本に描かれる昭和30年代の六本木や赤坂はなにやら恐ろしいところだけれど、一度見てみたかったかも。読了した本を実家の父にあげたところ、当時の六本木の様子を語りだして吃驚しました。今度一緒に六本木を探索してみようかしら。きっとしないけど。

  • 東京アンダーワールドに衝撃を受けて読んでみたもののアンダーワールドほど衝撃は受けませんでした。
    2冊揃って本棚に並んでます。

全6件中 1 - 6件を表示

ロバート・ホワイティングの作品

東京アウトサイダーズ―東京アンダーワールド〈2〉 (角川文庫)はこんな本です

東京アウトサイダーズ―東京アンダーワールド〈2〉 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする