Zの悲劇 (角川文庫)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.39
  • (11)
  • (41)
  • (57)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 443
感想 : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042507178

作品紹介・あらすじ

黒い噂がつきまとう州上院議員の刺殺事件。アルゴンキン刑務所を出所したばかりの元受刑者が逮捕され、死刑判決が下された。サム元警視の魅力的な娘で鋭い推理の冴えを見せるペイシェンスと、元シェイクスピア俳優ドルリー・レーンは、無実を訴える男を救い、真犯人をあげることができるのか?刑執行へのカウントダウンが始まった!最高の新訳が名作の隠れた魅力に光をあてる疾走感溢れる傑作ミステリ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • バーナビー・ロス(=エラリー・クイーン)によるシリーズ3作目。
    ドルリー・レーンによる推理が光る『Zの悲劇』

    X・Yに比べ、とてもスラスラ読め、分かりやすい印象でした。
    というのは、レーンのいつもの、シェイクスピア云々の引用が少なめだったのが原因のひとつ(私にとってはw)
    もうひとつは、サム警視の娘のペイシェンス・サムが語り手となり、一人称で物語が進んでいくという所にあるようです。

    舞台はアルゴンキン刑務所。
    サムは警視引退後、私立探偵業に従事していた。
    エリヒュー・クレイという実業家から、共同経営者の不正を暴いてほしいという依頼を受ける。
    サムとサムの娘ペイシェンスは、彼の家に泊まり込み捜査をするが、捜査対象の悪徳議員ジョエル・フォーセットが何者かに殺害される。
    残された手がかりから、刑期を終え釈放されたばかりのエアロン・ダウが容疑者に。
    どうしても彼が犯人だと思えないサムとペイシェンスは、レーンに捜査の助言を依頼する。

    『Yの悲劇』から10年後の話で、レーンは70歳の年齢で登場する。
    以前のような若々しさは衰えて見るからに身体が弱ってしまっているが、洞察力は変わらない。
    ペイシェンスはレーンを敬愛する、聡明で洞察力に優れた美しい探偵。
    『レーン最後の事件』にも出てくるのかなぁ。

    年老いたレーンも、魅力は変わらないです!
    安定の面白さでした♪

  • ラストの鮮やかな推理に感動する素晴らしい作品!
    そこにたどり着くまでの長くて憂鬱な展開を心地よく蹴散らしてくれた。
    読んで良かった。

    『Xの悲劇』、『Yの悲劇』とはかなり印象の違う作品。
    何よりも大きいのはペイシェンスの存在。
    彼女の語りは時に思わせぶりで、「はっきり言ってくれ!」と苛だ立つ場面もあった。
    (最後まで読んだ今は彼女の気持ちがよく分かる。あのタイミングでほのめかしたのは、むしろお手柄だ)
    けれど、彼女の存在がなかったらこの物語は陰鬱な印象を払拭出来なかったかもしれない。
    たとえ最後の素晴らしい推理にたどり着けたとしても。

    それにしても、サム警視のサムがファミリーネームだったとは…。
    本題には全く関係ないことだけど驚いた。

  • 元警視サムは引退、ブルーノ検事は知事になり、レーン氏は老い。
    X,Yからかなり時間がたった今回の事件は語り手がサムの娘ペイシェンス。
    殺された上院議員の事件を追って、ペイシェンス、サム、レーンが動く。無実の男を処刑の電気椅子から救えるのか。

    というあらましなんですけども、うーん、X,Y,Zを読み終わりましたが、面白さの順位を個人的につけるなら、X,Y,Zでした。
    作者であるエラリィ・クイーンは二人共著のペンネームで、どういう風にかき分けていたのかははっきりしないらしいがX,Y,最後の事件とこのZはメインで書いた人が違うという説があるらしいです。その説に一票です。
    内容が違い過ぎる。完成度とか文章の表現とかそういうことではなく、手掛かりの公平さという部分で。

    順番に読んだった!という征服感は味わえました。
    「最後の事件」をどうするかなー・・これも評価がわかれるみたいなのでぇ・・・。(悩)

  • X・Yときて いよいよのZの悲劇。前のとはあまり関連性がなく、レーンが一人で解決するわけでもないのだが、女性のペイシェンスの大活躍が読んでいて胸のすく思いにさせられる。今の時代でさえそうなのだから、エラリークイーンがコレを発表当時は世の女性たちの快哉を浴びたのでは。

  • X、Yほどの面白さはなかったものの、犯人を突き止める消去法的推理は面白かった。

  • サム警視の娘が語り手となるストーリー。
    古い小説だから古風な女性になるのは仕方ないけど、やっぱり現代の感覚ではイライラする…
    そして前回に引き続きどころか更にダメダメになっていくレーン…かっこよくない。
    利き手と利き足の関連性ってそんなに正確に分類できたっけ?と謎解きにもモヤモヤ残る。

  • 久しぶりに古典的なミステリー読んだ。越前先生の翻訳も、翻訳本らしくて良い。

  • 古さを感じない本格ミステリー
    ドルリーレーンがとっても魅力的

  • 久しぶりの推理小説。情報の内容と同じくらい重要な、それを見る視点。情報を基に、論理的に考えを組み立てる方法。ドルリー・レーンの鋭い洞察力から学ぶことがたくさんあった。

  • 序盤、少しゆっくりだったのでもたついてるように感じたが、最終幕の推理場面は圧巻の一言。
    これのために、その前を読んだ!って感じで、一気に読めた。

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

エラリー・クイーン。フレデリック・ダネイとマンフレッド・B・リーの合作ペンネーム。従兄弟同士で、ともにニューヨーク、ブルックリン生まれ。1929年『ローマ帽子の謎』で作家としてデビュー。ラジオドラマの脚本家やアンソロジストとしても活躍。主な代表作に『ギリシア館の謎(32)、『エジプト十字架の謎』(32)の〈国名シリーズ〉や、『Xの悲劇』(32)に始まる〈レーン四部作〉などがある。また編集者として「エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン」を編集、刊行した。

「2021年 『消える魔術師の冒険 聴取者への挑戦Ⅳ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エラリー・クイーンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラリー・クイー...
綾辻 行人
東野 圭吾
エラリー・クイー...
エラリー・クイー...
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×