唾棄すべき男 (角川文庫 赤 シ 3-7)

  • KADOKAWA (1982年11月発売)
3.64
  • (2)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042520078

唾棄すべき男 (角川文庫 赤 シ 3-7)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一作目から順に読んでるマルティンベックシリーズだが、これまでとはずいぶん趣が違っていた。残虐な方法で殺された警官は暴力的な悪徳警官だった。比較的簡単に容疑者が浮かぶが、そこからの展開がスリリング。ベック始め個性的な刑事たちが、それぞれのやり方でこの事件を受け止めて行動する。特に悪徳警官を産み出した原因の一端は自分にもあると感じて行動に移すベックには胸が打たれる。でもまさかあの人が死んじゃうなんて。毎回登場を楽しみにしてたのにな。

  • もっと長編になる予定だったのでしょうか。
    著者の息切れ感があります。

  • 被害者も加害者も、そして捜査にあたる人間もすべてことごとく〝警官〟ばかりという徹底ぶり。それも当然、警察という〝組織〟こそが、ここでの主役なのだから。シューヴァル=ヴァールー夫妻が、〝警察小説〟という形式によって10年の歳月をかけて現代社会を描きつくそうと挑んだモニュメンタルな作品であるこの〝刑事マルティン・ベック〟シリーズもこれで第7弾である。

    組織とそこに属す人間が、個と公(©アアルトコーヒーの庄野さん)のはざまで見せるさまざまな顔。職務上、自我を抑圧することが求められる日々ゆえ、ときにはほんとうの自分の顔すらわからなくなってしまうようなことさえある彼ら。無関心はまた、そんな爆発しそうな自我を押さえ込むためのいってみれば〝処世術〟ともいえる。公>個の日本では、同じように組織を描けば硬派な社会派ドラマになるが、個>公、あるいは個と公がおなじレベルで拮抗しているスウェーデンでは、組織を描いてもけっきょくは泥臭い人間ドラマになるのが面白い。そのちがいが興味深い。

    ちょっとした会話やふるまいから、水と油と思われていたコルベリとラーソンのあいだの関係に変化の兆しが窺われるのがうれしいところ。これは続刊でのお楽しみ。いつになくド派手な展開ゆえ、映画化に際してこの作品が選ばれたのも納得!? でも、ラストはそこで終わっちゃって本当にいいの?!

  • いつになく、文学的?感傷的?なオープニング。

    お約束のおまぬけ二人組出てきて、
    また、君たちか、相変わらず反省してないね、
    と思っていたら、二人とも撃たれて、一人は死亡してしまいびっくり。
    主人公のマルティン・ベックが撃たれたことは、
    警察小説としては覚悟していたことだったが、
    道化役の二人組がやられてしまうとは。

    特殊部隊に、ヘリコプター、そして墜落、銃撃戦と
    いつになく荒っぽい最終場面。
    これも、スェーデン社会の変化を表しているのか。

    そして、ここで終わり?というラスト。
    なんだかな~。

  • マルティン・ベックシリーズ第7作
    入院中の主任警部が深夜何者かに惨殺される
    被害者の身辺を洗うと数々の不法行為が現れ…

    警察権力の問題点に力が入りすぎていて
    推理小説としてはなんだか消化不良

    犯人が憎しみを警察全体に拡散してしまっている為
    モヤッとしたものが残る
    防弾チョッキなしで突入するベックにも?
    読み込みが足りないのかな

全6件中 1 - 6件を表示

唾棄すべき男 (角川文庫 赤 シ 3-7)のその他の作品

マイ・シューヴァルの作品

ツイートする