強盗プロフェッショナル (角川文庫)

制作 : Donald E. Westlake  渡辺 栄一郎 
  • 角川書店
3.70
  • (4)
  • (8)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042522027

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドートマンダーシリーズの2作目です。
    天才犯罪プランナー·ドートマンダーのもとに、相棒が持ちこんできたのは銀行強盗の計画。
    しかもトレーラーで仮営業中の銀行をまるごと盗むという、なんともダイナミックなプランです。
    仲間を集めて用意周到に準備を進めるも、思いがけない事態が次々と起こり、目がはなせません。

    本作から登場する、ドートマンダーの恋人の度胸とさばけたふるまいがすてき。
    ドートマンダーの仕事のことも悲観的な性格もよくわかっていて、その上で彼を支える適度な距離感を維持できるところがかっこいいです。

    今回の見所はなんといっても警察のまぬけっぷりでしょう。
    彼らの鈍さが終盤には愛らしくも感じてくるのも、クライム·コメディの魅力だと思います。

  • ふ〜む・・・・・わからんちん

  • ❖今回の銀行強盗についてはそれ程意表をついた着想とは思わなかったものの、計画の進捗・展開についてはよく愉しめた。登場人物(強盗仲間)たちのチームワークというかアンサンブルの凸凹ぶり(暗転する状況へのドタバタぶり)の描写は本作でも精彩があった。プロであることの冷徹や緻密が、人物の持つ人間味を覆い隠してしまうような場合が多いけれど、このシリーズはクセのある人物たちの日常生活(生活臭)や人間関係がとにかく魅力的。ドートマンダーは調子いいケルプの腐れ縁を鬱陶しく思い、不機嫌になりながらも計画に引き込まれるのである。

    (不穏を予感したドートマンダーは言う)
    「この仕事でお前を責めるのは不公平だと思う」とドートマンダー。
    「そりゃそうだ」とケルプ。(・・中略・・)
    「だが、おれは責める」ケルプは感情を傷つけられた顔を彼に向け、それからまた前方をみる。「そういつは不公平だ」「不公平でもいい」。(228P)

  • ドートマンダーシリーズ第二作。今度は、トレーラーハウスで仮営業中の銀行を、まるごと盗む話。ドートマンダーの恋人やマーチの母親が結構登場して、またいい感じにおもしろい。間の抜けた警察署の人たちもおもしろさを出している。話の筋は単純だが、全然退屈せず、古さも感じさせず、楽しい。

  • ドートマンダー、はまったなぁww

  • ドートマンダー2作目。
    銀行をトレーラーで引っ張って、そのまま盗んじゃう。
    警察の捜査も間抜け。

    再版してほしい一冊。

  • 再刊されたのもずいぶん前になる古い作品だけど、ぼちぼちお楽しみに読んでいこうと思っているドートマンダーシリーズ。第2作である本作も、すっとぼけた味わいと、実に正統派の強奪小説のサスペンスが同居していて楽しい。銀行を(で、じゃないよ。銀行「を」)盗もうとするドートマンダーと仲間達のとてもスマートで間抜けな行動にニヤニヤさせられる。

    くせ者揃いの登場人物も魅力的で、ドートマンダーの恋人であるメイがすごく個性的で良かった。思った通り映画にもなってるようだが、メイは誰が演じたんだろうか。(ドートマンダーは作者もびっくりレッドフォードだったそうで、そりゃ違うでしょ)

    全体としては第1作の「ホットロック」の方が面白かったようにも思うが、シリーズものってそういうものかも。

  • 奇抜なアイデアとユーモアーがあり、しかもキャラクターもみんなしっかりしていて面白かったです。
    ドートマンダーのシリーズではケルプが好きです。

  • 40p

全9件中 1 - 9件を表示

ドナルド・E.ウエストレイクの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドン・ウィンズロ...
ジェイムズ・P・...
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

強盗プロフェッショナル (角川文庫)に関連するまとめ

強盗プロフェッショナル (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする