戦争の犬たち (上) (角川文庫)

  • 角川書店
3.75
  • (19)
  • (23)
  • (32)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 216
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042537038

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一気に読める

  • <上下巻を通してのレビュー>

    プラチナ採掘権独占を企むマンソン社の会長ジェームズ卿は、新興国ザンガロの独裁大統領を廃すべく、五人の「戦争のプロ」を送り込んだ。消えゆく外人部隊のロマンを謳いあげる雄渾の巨編!


    傭兵を取り上げた一作です。
    100日間で準備からすべてを含めて、独裁者が恐怖政治を行っている国を乗っ取るのです。
    華々しい部分はほんの1割で、その他は綿密な計画や準備などに費やすプロの傭兵の仕事ぶりが伝わってきます。
    殺し屋とは決して違う傭兵たち。リーダーのシャノンがまたカッコいいのです。
    徹底した調査と準備と、そして仲間に対する絶対的な信頼。
    その傭兵をうまく使おうとして、裏をかかれた依頼者。
    依頼者たちこそが世界を自分の思うがままにしようとしている諸悪の根源であり、だからこそ戦争はなくならない。

  • フォーサイス、国家転覆を狙っていたとか。

  • フォーサイスの問題小説。本書は、著者自身が傭兵を雇って、赤道ギニア共和国の独裁政権を倒そうとしたことを下敷きに書かれたという噂があるだ。この噂が真実味を帯びるのは本書のディテイルの細かさに他ならない。ぐいぐいと読み手を引き込んでいく。フォーサイスの傑作。

  • 読むべき!!!
    中学生の頃? 兄のプレイボーイ(日本語版)の洋画紹介にのってたかな。
    それ読んだら、面白くてその後 アフリカ各国の独立についてや、ベルギーについて興味を持ったきっかけになった。

  • クーデターの準備は地味なもんです。

  • この本はお金で雇われる傭兵が主人公のストーリーです。イラクで死亡した傭兵・斉藤さんの事が読む終わるまで頭から離れませんでした。
    そして、傭兵とは?という部分でお金だけではこの仕事は出来ないのではないか?とも感じました。彼らは戦っていない人生なんて、ありえないのではないか?とも。
    戦える事自体が生きているって感じられる事なのかなぁ・・と。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1938年イギリス生まれ。空軍のパイロットなどを経て、ロイター通信、BBC放送の記者を勤めた後、作家に。71年ドゴール暗殺をテーマに書いた長編『ジャッカルの日』で小説家としてデビュー。綿密な取材とストーリーテリングの天賦の才で世界をわかせ続けている。著書に、『オデッサ・ファイル』『戦争の犬たち』『神の拳』『アフガンの男』『キル・リスト』、小説のような半生を描いた自伝『アウトサイダー』など多数。

「2020年 『ザ・フォックス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フレデリック・フォーサイスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フレデリック フ...
フレデリック・フ...
フレデリック・フ...
ジェフリー アー...
ジェイムズ・P・...
ジェフリー・アー...
フレデリック フ...
フレデリック・フ...
フレデリック・フ...
フレデリック フ...
フレデリック フ...
フレデリック・フ...
フレデリック・フ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×