戦争の犠牲者 (角川文庫)

  • 角川書店
3.18
  • (0)
  • (6)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042537151

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • マクレディシリーズ5作目

    このシリーズは、マクレディが肩たたきに反発したことに端を発する聴聞会で部下が彼の過去の勇躍を披瀝する形式を取る。さすがに5作目ともなると食傷気味ではあるが・・・。

    今回は、リビアからIRAへの武器供与のルート解明と撲滅がテーマである。この作戦のため軍隊から引退して妻と平和に執筆活動している旧メンバーを口説くところから話が始まる。

    パラパラと読めてしまう替わりに意外とフォーサイスにしては深さがない。

    時間つぶしには、ちょうどいい。

  • 老練のスパイマスターが頭脳的な騙しあい!

    ただ、単純に胸のワクワクがとまりません。

  • 最後のスパイ小説 四部作の第三作

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1938年イギリス生まれ。空軍のパイロットなどを経て、ロイター通信、BBC放送の記者を勤めた後、作家に。71年ドゴール暗殺をテーマに書いた長編『ジャッカルの日』で小説家としてデビュー。綿密な取材とストーリーテリングの天賦の才で世界をわかせ続けている。著書に、『オデッサ・ファイル』『戦争の犬たち』『神の拳』『アフガンの男』『キル・リスト』、小説のような半生を描いた自伝『アウトサイダー』など多数。

「2020年 『ザ・フォックス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フレデリック・フォーサイスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パトリシア・コー...
宮部みゆき
スティーヴン ハ...
フレデリック・フ...
フレデリック・フ...
フレデリック フ...
フレデリック フ...
フレデリック・フ...
フレデリック・フ...
フレデリック・フ...
フレデリック フ...
ジェフリー アー...
フレデリック・フ...
フレデリック フ...
スティーヴン ハ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×