神の拳〈下〉 (角川文庫)

制作 : Frederick Forsyth  篠原 慎 
  • 角川書店 (1996年11月発売)
3.54
  • (7)
  • (14)
  • (31)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :129
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042537182

神の拳〈下〉 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ファーサイスの並みレベル。

  • フォーサイスのどこまでがフィクションでどこからがノンフィクションなのかがわからないが、報道されて知っているような事実を元に、スリリングな小説に仕上げている力量がすごい。全てが真実の如くに思わせる。

  • 本当にあった気がする。すごいリアリティー。ジャッカルの日以来の面白さでした。

  • F.フォーサイスは、湾岸戦争からイラク戦争へとつづくひどくこんがらがった中東情勢をベースにSISのスパイが勇躍する非常に出来のいい小説を提供した。

    この小説のモチーフは、湾岸戦争からイラク戦争を貫く二つのキーワード「サダム・フセイン」「大量破壊兵器」により成り立っており、よく細事まで書き込まれており読み手がグイグイ引き込まれる。

    時間を忘れてしまう。

  • 一気に読めるほど面白かったんだけど、
    何かもの足りない。
    あれだけの大きな戦争なのに、あっさりしている。

  • 同僚にハードカバーを借りて読んだ初のフォーサイス小説。

    後に文庫を見つけて購入。
    数年を経ていたが、面白さは変わらなかった。

  • 湾岸戦争の史実を基にした傑作長編

全7件中 1 - 7件を表示

神の拳〈下〉 (角川文庫)のその他の作品

神の拳(こぶし)〈下〉 単行本 神の拳(こぶし)〈下〉 フレデリック・フォーサイス

フレデリック・フォーサイスの作品

ツイートする