イコン〈上〉 (角川文庫)

  • 角川書店
3.55
  • (5)
  • (14)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 142
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042537199

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1999年、ロシア経済は完全に破綻した。台頭する新勢力。恐るべき黒い野望(帯より)

  • 外れなし、必読書。

  • この本には、実に多くの登場人物が描かれている。

    しかも、何人もの重要な人物の役どころがしっかりしていてさすがフォーサイスと唸ってしまう。

    さて、登場人物の誰の視座でこの本を読めば楽しいか。

    これは、下巻の最後に種明かしがある。

    スパイゲームサスペンスの傑作である。

  • 1999年インフレに陥ったロシアを舞台に、独裁政治をもくろむ政治家コマロフの大統領就任を阻止するために、元CIAや元SISスパイ集団が立ち向かう話。
    KGBやCIAやSISなどが繰り広げるスパイ合戦の様子がとてもくわしく書かれているが、前半は登場人物やかけひきがとびかいがまんの部分であるが、後半主人公の元CIAモンクが動き出してからは一気に進む。
    ザ、スパイ小説である。

  • (上下2巻、読み終えての感想です)


     ロシアも何となくそれなりに動いていて、イラクとの戦争をフランスと一緒になって止めたりしていると、なんとなく普通の国になったんだなって気がする。ソビエト連邦が崩壊した後しばらくのロシアは、すでに歴史の一齣なのだろうか。
     だとすれば、ある意味ではロシア再生のひとつのシナリオを提示したようなこの物語は、時代遅れになりそうなものだ。しかし実際は、時代遅れになんかなってはいない。宣伝上手なファシストの台頭というのは、今の世の中だって充分にあり得ることだから。
     物語としては、敵味方がはっきりしていて、フォーサイスにしては淡泊なような気がした。とにかく、前半のスパイの話、結末を読むのがつらい。回想シーンが多くて、それが読みどころではあるんだけど、妙にリアルすぎて、切なくなってくるんだよね。

  •  国粋主義的な政治家・コマロフの書いたレポート―のちに「黒い宣言書」と呼ばれる―が盗まれ、SISのもとへと運ばれます。この宣言書をめぐるコマロフとSISの攻防が一つの物語。
     そして、CIA至上最悪のスパイ、エイムズとCIAのホープ、モンクの暗闘を描いた物語。この二つの物語が平行して描かれていきます。
     著者の持つ背景知識には脱帽であり、その豊かな知識に裏付けられた物語は非常に濃厚であり、かつスリリングであります。
     もっとも、読む人は選ぶでしょう。スパイとかインテリジェンスとかに興味のない方には、あまりお勧めできません。
     一方で、興味のある方は、読んで損なしです。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1938年イギリス生まれ。空軍のパイロットなどを経て、ロイター通信、BBC放送の記者を勤めた後、作家に。71年ドゴール暗殺をテーマに書いた長編『ジャッカルの日』で小説家としてデビュー。綿密な取材とストーリーテリングの天賦の才で世界をわかせ続けている。著書に、『オデッサ・ファイル』『戦争の犬たち』『神の拳』『アフガンの男』『キル・リスト』、小説のような半生を描いた自伝『アウトサイダー』など多数。

「2020年 『ザ・フォックス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フレデリック・フォーサイスの作品

イコン〈上〉 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×