イコン〈下〉 (角川文庫)

  • 角川書店
3.46
  • (4)
  • (13)
  • (19)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 128
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042537205

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本書の最後にこのゲームの仕掛けが開陳される。

    (このシナリオそのまま実現していくが、途中のどんでん返しやハラハラが実はシナリオにて織り込み済というストーリーとプロットに、「一本とられたぁ」感が惹起される)

    シナリオの読みどおりというムリはあるが、傑作であることに違いはない。

    スパイゲームというなじみのない世界を、みごとな心理戦からリアルに表現した筆致と篠原氏の訳に拍手

  • 1999年インフレに陥ったロシアを舞台に、独裁政治をもくろむ政治家コマロフの大統領就任を阻止するために、元CIAや元SISスパイ集団が立ち向かう話。
    KGBやCIAやSISなどが繰り広げるスパイ合戦の様子がとてもくわしく書かれているが、前半は登場人物やかけひきがとびかいがまんの部分であるが、後半主人公の元CIAモンクが動き出してからは一気に進む。
    ザ、スパイ小説である。

  • 敵国のスパイを引き入れるというのは、いろんなことを調べ上げてこのタイミングで。という落しどころでするのもすごいと思いましたが、その身の安全も確保しないといけないので読んでいる間緊張しっぱなしでした。この本で他にもフォーサイスの本が読みたいな、と思いました。

  •  モンクはスパイ・ゲームを止めた。心の傷を負って。しかし、彼は再び使命を負う。コマロフを、失脚させるとの使命を。
     情報が持つ恐ろしさ。情報によって人間が追い詰められるという「事実」がこの小説の中に書かれています。

  • 上巻ではやはりフォーサイス特有の虚しさを感じる終わりかた・・・
    下巻ではどうゆう風に展開するかと一気に読んでしまう。グリシンの追い込み方も迫力があったが・・・あまりにも、モンク側の行動がグリシン側の行動を全てを読み切っていたようで物足りなさも・・・しかし、混沌としたロシアの現状が感じられた。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1938年イギリス生まれ。空軍のパイロットなどを経て、ロイター通信、BBC放送の記者を勤めた後、作家に。71年ドゴール暗殺をテーマに書いた長編『ジャッカルの日』で小説家としてデビュー。綿密な取材とストーリーテリングの天賦の才で世界をわかせ続けている。著書に、『オデッサ・ファイル』『戦争の犬たち』『神の拳』『アフガンの男』『キル・リスト』、小説のような半生を描いた自伝『アウトサイダー』など多数。

「2020年 『ザ・フォックス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フレデリック・フォーサイスの作品

ツイートする
×